2007年08月08日

第35回 日本リトルシニア野球選手権大会

有休第2弾の行き先は神宮球場でした^^


jjj.jpg


『第35回 日本リトルシニア野球選手権大会』

7日は準々決勝のうち2試合がこの神宮で行われました。

昨年は中学軟式の全国大会、「第23回全日本少年軟式野球大会」
を横浜スタジアムへ観戦に行きましたが、今年は同じ全国大会でも硬式野球。

シニアチームの試合を見る事は、現在硬式スクールに通うゲンジにも得る部分は多いはず。
そしてなにより、ブログ仲間のお一人であるかにさん
の息子さんが所属するチームがベスト8に残りました^^

私が当初この予定を立てた時は、どのチームが勝ち上がろうとも、
神宮に来るつもりでした。勿論ゲンジの勉強のためです。

しかしかにさんチームも地力を出し、ついにベスト8まで来ました。
ちなみに昨年のこの大会も3位という素晴らしい成績を収めています。

幸運にも私達の日程と重なり、勉強と応援という2つの目的が出来ました^^
更に多くのブロガーの皆様も集結されており、初めてお会い出来たのも嬉しかったです^^
皆さん、ありがとうございました ^_^;

さて試合のほうですが、思わぬ大差がつきました。
強豪同士の組み合わせだっただけに、ちょっと意外でしたね。

結果はかにさんチームの勝利でした^^

明暗を分けたのはミスですね。一度ズレた歯車は、なかなか戻らないのでしょうか。
送りバントをしたバッターが、ホームまで帰ってきてしまうという、
ちょっと珍しい場面もありました。

私達はネット裏の前列に陣取り、ゲンジには捕手の動きを、
また投手の癖をよく観察するように指示。
リード面で自分と組立てがどう違うのか? 参考になったと思います。

1試合だけなので、それで全てを語るのも変かもしれませんが、
私の印象は選手の皆さん、スイングスピードが鋭いですね。
両軍共によく鍛えられています。

それと外野の守備位置が軟式と比較すると深い。
これはまぁ当然かもしれません。それとどの選手も足が速いですね。
選手層が厚いので、レギュラー陣はやはり精鋭揃いなんでしょう。

また求められるもののレベルが、うちの軟式クラブとは比較になりません。
2塁走者が牽制で刺される場面がありました。
その時の3塁コーチ、次のイニングから交代です。。。

私の目で見る限り、あれはベースコーチに責任の有無を問うのはいかがなものか?
そう思うのですが、そのチームの基準では何かが至らなかったのでしょうか?

また代走に起用された選手が、1球ファールの後に即座に交代・・
つまり代走の代走です。これも珍しい。そして厳しい・・・

熾烈なポジション争い、ベンチ入り争いもこうした部分を勝ち抜かないと叶わない。
それほど選手数が多く、また競争も厳しいのですね。凄い事です。

そんな彼らですから、1球に対する集中力は相当なものでしょう。
うちの軟式クラブ、まだまだ甘いですね・・

他にも色々ありましたが、良いゲームが見れたと思いました^^
全国レベルを生で観戦したゲンジ、一体何を思ったでしょうか?

連日試合が続くので、選手のスタミナも心配ですが、
どのチームも存分に戦ってもらいたい。そしてかにさんチームも
優勝を目指してほしいものです (^_^)

色んな想いを巡らせながら神宮を後にしました。
その後の模様はまた後日に^^



宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」




posted by ドラ夫 at 01:53| Comment(37) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。