2007年08月24日

しばらくお休みします

諸般の事情があり、ブログを一時休止します。

すぐに復活出来ると思いますので、しばらくお待ちください。

応援いただいた読者の皆様、ありがとうございました。

posted by ドラ夫 at 11:21| Comment(26) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

固定メンバー

軟式の新チームですが、部活とクラブを合わせますと、
既に何試合か練習試合を行いました。

最初の試合は私もベンチに入って、スコアの書き方を指導した。
以降の試合はスタンドから観戦。日によっては観戦しなかった試合もある。

先週末に行われた試合、私は行く事が出来なかったので、
スコアブックを取り寄せて、内容を分析していたのですが・・

その日は同じチームと2試合。
だがスコアを見ると、両軍共に2試合共同じメンバーでした。

途中交代が一つもなく、打順とポジションも全く同じ。
投手のみ違うだけで、2試合で双方とも9人しか出場していません。

なんだかなぁ・・ 

暑い日でもありますし、また秋の公式戦に向けて、
多くの選手を試しておきたいところ。

相手チームの事情は知る由もありませんが、
我がチームについて言えば、出せる選手はそれなりにいる。

終盤に代打や代走で起用も出来るし、
2試合目は半分位の選手は入れ替えてもいい。

監督に何か狙いがあったのかもしれませんが、それにしても・・

そういえば先日の公式戦も9人のみで終わりました。
ですから3試合続けて、10人目の選手はグランドに立っていない事になる。

あまり口を挟みたくはないですが、コーチにも意見を聞いてみたいところ。

一発勝負のトーナメントなら判りますが、
練習試合でこれでは、出れない選手の士気にも影響しかねない。

私が見るところ、9人目以降の選手は実力も拮抗している。
決して力量不足ではありません。

部活の試合は顧問があれこれと交代で起用するのですが、
クラブの監督はどうも・・ まさかそこまで頭が回らないわけでもないと思うのですが。

娘の高校の野球部も、固定メンバーで戦うのが多いらしい。
部員はかなりの人数がいるのですが。

勝ちに拘るのも勿論大事ですが、なんとかならないですかねぇ。





posted by ドラ夫 at 00:56| Comment(23) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

保護者会長の苦悩・・

3年生が引退し、新チームがスタートしてから二ヵ月になります。

運営役員も2年生保護者が中心ですが、
夏休みの練習で早くも足並みが乱れ始めています。

3年生の父兄は熱心な父親が多かった。
週末の練習にも毎回顔を出す人ばかり。

ところが2年生・1年生の保護者はその反対・・
ゼロではありませんが、手伝い親父の数はグッと減りました。

監督・コーチだけの日も多く、6月までの練習風景と比較すると、
そのギャップの差は大きい。

私も時折顔を出しますが、サポート役が少ないと練習効率も多少は落ちる。
それに監督を外部へ依頼している以上、示しの部分でも間が悪い・・

そこで新会長は当番制を実施する事に決めた。
総会を開き、協力を要請したのですが・・

だが当番を決めても平気でサボる父兄が続出。
真面目に出て来る親から不平の声もあがっています。

別に母親でも構わないのですが、どういう訳か出てこない。
暑い中、懸命に指導してくれる監督・コーチ。
自分の子がいる訳でもないのに、本当に頭が下がる思いです。

当番は不要かもしれない。もう中学生。
自分の事は自分で出来る子ばかりです。
でも手伝う姿勢を保護者も見せないと、外部に依頼した監督達はどう思うだろう?

まして決められた日に平気で当番をサボるなど、常識では考えられない。
前チームは当番が不要なほど、どの親も率先してグランドに来てくれた。

グランド整備、球拾い、お茶出し、なんでもやった。
それが一転、新チームでは・・・・

会長もホトホト困り果てています。
このままでは指導陣に愛想をつかされてしまう。

会長も仕事を持つ身ですから、毎回は顔を出せない。
私は6月まで役員でしたから、その苦労は判る。
塁審の依頼や配車は私の担当でしたから。

今後どう事態を収拾させるのか? 前途多難です・・





2007年08月19日

辞めた選手から思う事

夏の甲子園も準々決勝まできました。
これを書いている時点で残った学校は6校。

これ以外の高校は、既に新チームの活動が始まっています。

クラブチームのOB達も各校でそれぞれ頑張っている。
近況は逐一、こちらの耳にも入ってきます。

そんな中、一人の1年生選手が野球部を退部してしまいました・・
これを聞いた時は驚きました。そして残念な気持ちで一杯になってしまう・・

どうして退部という事態になってしまったのか?
本当のところは不明ですが、人間関係のイザコザが原因らしい。

この子は学童時代からずっと見てます。
普段は素直なのですが、すぐにキレるタイプの子でした。

我々指導者には従順ですが、審判の判定や相手ベンチの野次には
神経質なほど敏感。すぐに顔に出るタイプです。

また自軍のエラーにも寛容ではなく、不貞腐れてしまう・・

そんな性格なのか、中学時代も一人でいる事が多かった。
休憩時間や昼食の時も、一人離れた場所で過ごしていた。
俗に言うところの 『浮いた』感じでしょうか。

高校に入ってもこんな調子だったのでしょう。

私もこの学年にはあまり関与は出来なかった。
私と同じような保護者がこの学年にも多くいたので、
敢えて口を挟まず、任せていた部分もある。

だがこんな状況を見過ごしてきた指導者や父兄も問題かもしれない。

私は野球経験がなく、技術面の指導はあまり自信はない。
しかし精神面の事はいつも気を遣ってきたつもり。

上の学年の父兄は、野球経験者の固まりでした。
だが誰一人、精神面を指摘する人がいなかったように思う。
技術ばかりに目が行き、チーム全体のを重要視する人が少なかった。


中体連前にエントリーした『3年生の嘆願』
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/43890797.html
これを読んでもらえばお判りですが、ゲンジ達の代はチームワークは良かった。
途中退部者がゼロなのも、ここ数年ではこの学年だけ。

高校の部活はあらゆる面で厳しい。
体力・精神力。そして周囲との協調性。
どれか一つ欠けても、続けていくのは難しいでしょう。

学童野球。中学野球。技術面だけではなく、
他にも教えていかなければならないものは多いと思う。
またそれが一番大事な事かもしれませんね。





posted by ドラ夫 at 23:57| Comment(18) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

試合を休ませる親

軟式のクラブチーム、このお盆に最初の公式戦がありました。
ここまでの練習試合は4連敗。まだ白星がありません。

今回の相手は強豪で、やる前から厳しいと感じていた。
結果は大敗。完封負けを喫し、奪われた得点は二桁。
いいところは一つもありませんでした。

そしてこの試合、スタメンに1年生が3人入る。
自力で掴んだポジションではなく、人数を補うためのもの。

つまり公式戦にもかかわらず、欠席者がいた。という事です。

2年生で4人の主力が休みました。
相手は強豪。こちらは主力を欠いての戦い。

この4人、昨年もこの大会を休んでます。
理由は全員レジャー。

親の都合ですね。 子供は試合に出たいはず。そう思いたい・・
昨年は1年生でしたので、監督も大目に見ていた部分もあった。

だが今年は主力です。選手も親も自覚を持ってもらいたい。
その家庭では、子供の試合よりもレジャーが優先なんでしょう。

悪いとは言わないが、私なら平日に有休をとり、
子供の都合に合わせてレジャーをしてきました。
昨年の海水浴やプロ野球観戦もそうしました。

思うように有休が取得出来ない人もいるかもしれない。
お盆休みしか、出掛けられない事情もあるのかもしれない。

でも、試合もその時しか出来ない。
後はどちらを優先させるか? という問題なんですね。

監督は小声で私に言いました。
『お遊び感覚で野球に来るなら、そんな選手は辞めても構わない』

部活の絡みもありますし、退部勧告も現実には出来ない。
素行に問題があるなら別ですが・・

欲を言えば、選手も気概を示してほしいもの。
『俺は試合のほうに行きたい!』
という意志表示は出来ないものだろうか?・・

当日集まった選手の話によると、欠席の子はレジャーを楽しみにしていたらしい。
まぁその気持ちも判るが、チームに迷惑をかける。
こうした気持ちもあってほしいもの。 残念です。

こんな事なら、来年はこの時期の大会は辞退したほうがいい。
保護者の足並みが揃わないまま、惰性で参加してもシコリが残る。

ちなみにゲンジの硬式スクールも、お盆期間に練習がありました。
3割近くの欠席者がありました。

こちらは正式なチームではありませんから、
仕方がないかもしれませんが、それでもやはり残念です。

大会規模には大小があります。
今回の大会は小規模なもの。

もしこれが県大会のような大きな大会だったらどうなるか?
4人のうち2人の家庭は、それでも子供を休ませるでしょうね。
そんな父兄ですから。。。

後味の悪い公式戦になってしまいました。




2007年08月14日

格の違い

日曜日は軟式クラブの指導に出掛けました。

硬式スクールも当初は練習の予定でしたが、
私は最初から軟式のほうに顔を出すつもり。

ところが硬式のほうは急遽練習が中止・・
グランド確保が出来なかったのがその理由。

ジプシーチームなので仕方ないか?
この時期は硬球が使えるグランドは確保が難しい。

そこでゲンジをはじめ、硬式に行っている選手も
久しぶりに軟式の練習へ顔を出す事に。

扱うボールが異なるので、本来なら好ましくないかもしれませんが、
身体を動かすという意味合いで参加させた。

アップは一緒に行い、キャッチボールは硬球で行う。
軟式の監督の計らいで、トス打撃やその他のメニューも
下級生達と同じように練習させてもらえた。

この日のメインはシート打撃。
実際に選手を守備につけ、交代で打撃をしていく練習。

全体を4つの班に分けて、打撃と守備の両方をこなす。
打撃のほうは6人で行い交互に打つ。一人が3回打席に立てば交代です。

さてゲンジですが・・
3度の打席、全て柵越えの本塁打でした^^

投手は2年生の第2エース。変化球が持ち味の投手です。
だが現状ではゲンジには全く通用しませんでした。

1打席目に打たれた時は悔しい表情を浮かべていましたが、
3回目に叩きこまれた時は笑ってましたね。

ゲンジも久しぶりの軟球でした。バットも700g近辺の軽いもの。
これまでの900g超と比較すると、相当軽いでしょう。
当然、スイングスピードもかなり速い。

また守備ではマスクを被った。
リードする投手は、先日初めてマウンドに立ったA君。

まだ1塁牽制を本格的に教えていないので、
ランナーも通常より大きなリードをとってました。

キャッチャーにしてみれば、これは相当なハンデですが・・
ゲンジはそれをモノともせず、盗塁を試みるランナーを刺しまくっていました。

まぁランナーの足が遅いのもあるかもしれませんが^^

『おい! 秋の大会に出てくれよ(笑)』
と監督からも冗談でお願いされていた^^

攻守で格の違いを見せつけた形ですが、
1・2年生も何かを掴み、学びとってほしいもの。

中体連の敗戦から2ヶ月。もう遠い昔のように感じる。
久しぶりの軟式にゲンジは何を思ったでしょう?

練習中、ずっと笑顔で声を出していたのが印象的でした^^
もうすぐ硬式でも近隣シニアと練習試合が組まれる。
そちらも楽しみです。





ホットヨガでダイエット&デトックス!

お得な体験レッスン実施中!


2007年08月13日

他チームの練習見学

この週末は硬式スクールの練習はお休みでした。

自前のグランドを持たないチームなので、練習場所の確保が出来なかったため。
土曜日はフリーになりましたから、あるチームの練習見学に伺いました。

他県から当地へ合宿に来られていた硬式のチームです。

思えばこれまで、週末に時間がとれる事はあまり無く、
自チームの練習か試合に帯同していました。

ですから他のチームの練習をじっくりと見る機会は、
それほど多くありませんでした。まして硬式チームに限れば今回が初めて。

自分達とどう違うのか? 色々と吸収しようと思いました。

私が現地に着いた時は、丁度アップが終ってボールを使い始めたところ。
選手の人数が多い分、指導者やそのお手伝いの方も多いですね。

広くグランドを有効に使っておられました。
外野ノックにしても、レフトの位置にノッカーがおり、
そこからライトの場所へノック。

ライトの位置のノッカーは、レフトの場所へノック。
なるほど。これなら場所も有効に使えますね。

ブルペンでピッチングもあり、反対側のブルペンでは
至近距離からのノックもやっていました。

内野守備のノックの最中に、バックネットではトス打撃の組もある。
班のようなものがあるのでしょう。
遊んでいる選手は見えませんね。

グランド外の外周をランニングする選手もいた。

守備位置についての実戦形式のノックでは、
監督から専門的な指示が飛び交う。時折大声で怒鳴られる場面も^_^;

実戦メニューの時は、手持ち無沙汰の選手が目についた。
主力組がメインになるので仕方ないのかもしれない。
逆に言えば、見学するのも勉強のうちでしょう。

人数が多いので仕方ないかもしれない。

この日は残念ながら打撃練習は無し。
その分 守備の練習はじっくり観察出来ました。

見習う事も多くありましたので、今後の参考にしたい。
有意義な1日でした^^



日本ゴルフスクール


posted by ドラ夫 at 01:36| Comment(8) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

GIANTS 特製グローブ

前回のエントリー、『東京ドームで野球観戦』
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/50742158.html
の続きです。

試合は巨人が勝ち、G党のゲンジは大喜びでしたが、
もう一つとても嬉しい事があったんです。

ドームに入場した時、入り口で渡されたカードです↓

card.JPG

一人一枚づつ渡されたこのカード、
A賞はGIANTS 特製グローブが20人。
B賞はトランプが400人 と書いてあります。

ゲンジは開口一番、『うわっ! このグラブ欲しいなぁ・・』
でも20人ですからね^_^; 4万人の入場者があったとして、
当たる確率は2000人に1人です・・

『まぁ当たらないよ。諦めな^^』
こう話ながら座席にむかいました^^


7回表が終了後、オーロラビジョンに当選番号が発表されました。
画像はもう一枚のハズレ券ですが、当選番号をよく見ると・・

下4ケタ2922

えっ?・・ 当たったの?・・


adgirabu.jpg

なんと本当に当たってしまいました! \(^o^)/

正面から見ると普通のグラブですが・・


raberu.jpg

ラベルの部分に讀賣巨人軍の球団旗が貼られています。

そして親指のところには【GIANTS】の刺繍も。

gmoji.jpg


このグラブはadidasの軟式用グラブ。
黒にオレンジのジャイアンツカラーに、特製ラベル&刺繍の非売品です。

当選の瞬間、ゲンジはあまりの嬉しさにフリーズしてました・・
こうなるともう頭の半分はこのグラブの事 (~_~;)
試合終了後、指定の引換え場所に行くまでそわそわしてました^^

笑顔を噛み締めながら受取り、大事そうに抱えて電車に乗りました。
帰宅後はそれを持ったまま布団の中へ。まだまだ子供ですね〜

日頃練習を真面目にしているから、きっと神様のご褒美だよ。
そのように本人には言っておきました^^

道具オタクの私も嬉しかったですね。
最高の記念になりました^^

日帰りの東京行きでしたが、ゲンジにとっても良い思い出になった事でしょう。

昼間は知らないオジサン軍団から握手攻め。
夜は非売品のグラブをゲット。
本人も何がなんだか分からない1日だったかもしれませんね^^

来年は高校1年生。もう一緒に歩いてはくれないかもしれません・・
私にとっても心に残る1日でした。




2007年08月09日

東京ドームで野球観戦

昨年と同様、今年も東京ドームへプロ野球観戦でした^^

ddd.jpg


昨年は1塁側の二階席でしたが、今年はバックネット裏の二階。
やや3塁側になりますが、打席の選手がよく見える席でした。

実は観戦を正式に決めたのは8月2日でした。
その時点でまだチケットがあったのは幸運でした^^

昨年はお盆過ぎのヤクルト戦。空席も目立っていました。
今年は超満員でした。巨人が好調なのと、阪神という人気チームが原因でしょう。

とにかく応援の熱気が凄かったです。
私達の周囲にも、阪神ファンが大勢いました^_^;

チケット予約の時点で1塁側は満席。そこで3塁側を購入しました。
内野ならそんなに阪神ファンもいないだろう。
そう思っていましたが、その考えは甘かったです^^

もともと私は中日ファン。そしてアンチ巨人。
しかし息子ゲンジは熱烈な巨人ファンですから、
毎回私が妥協しています。親として当然ですね^^

昨年はホームランを見る事が出来ず残念でしたが、
今年は両軍1本づつ飛び出した!

試合は9回、抑えの上原投手がピリッとせず、
1点差まで阪神が詰め寄る。場内の大歓声は鳥肌が立ちました・・

粘る阪神をなんとか振り切り、移籍した門倉投手が今期初勝利。
ヒーローインタビューでは涙を浮かべていました。

ゲンジも巨人が勝って上機嫌(^_^)
昼間はシニアの全国大会。夜はプロ野球。
1日ずっと野球ばかりでしたが、本人も満足な様子でした^^

さて今回の東京ドームですが、一つとても嬉しい事がありました。
さてそれは何でしょう?? 個人的な事です。

判りますかねぇ? 漠然としていますが、ここはノーヒントで。。。

答えは明日のエントリーで発表します^^







「みんなの法律相談所(相談無料)」


2007年08月08日

第35回 日本リトルシニア野球選手権大会

有休第2弾の行き先は神宮球場でした^^


jjj.jpg


『第35回 日本リトルシニア野球選手権大会』

7日は準々決勝のうち2試合がこの神宮で行われました。

昨年は中学軟式の全国大会、「第23回全日本少年軟式野球大会」
を横浜スタジアムへ観戦に行きましたが、今年は同じ全国大会でも硬式野球。

シニアチームの試合を見る事は、現在硬式スクールに通うゲンジにも得る部分は多いはず。
そしてなにより、ブログ仲間のお一人であるかにさん
の息子さんが所属するチームがベスト8に残りました^^

私が当初この予定を立てた時は、どのチームが勝ち上がろうとも、
神宮に来るつもりでした。勿論ゲンジの勉強のためです。

しかしかにさんチームも地力を出し、ついにベスト8まで来ました。
ちなみに昨年のこの大会も3位という素晴らしい成績を収めています。

幸運にも私達の日程と重なり、勉強と応援という2つの目的が出来ました^^
更に多くのブロガーの皆様も集結されており、初めてお会い出来たのも嬉しかったです^^
皆さん、ありがとうございました ^_^;

さて試合のほうですが、思わぬ大差がつきました。
強豪同士の組み合わせだっただけに、ちょっと意外でしたね。

結果はかにさんチームの勝利でした^^

明暗を分けたのはミスですね。一度ズレた歯車は、なかなか戻らないのでしょうか。
送りバントをしたバッターが、ホームまで帰ってきてしまうという、
ちょっと珍しい場面もありました。

私達はネット裏の前列に陣取り、ゲンジには捕手の動きを、
また投手の癖をよく観察するように指示。
リード面で自分と組立てがどう違うのか? 参考になったと思います。

1試合だけなので、それで全てを語るのも変かもしれませんが、
私の印象は選手の皆さん、スイングスピードが鋭いですね。
両軍共によく鍛えられています。

それと外野の守備位置が軟式と比較すると深い。
これはまぁ当然かもしれません。それとどの選手も足が速いですね。
選手層が厚いので、レギュラー陣はやはり精鋭揃いなんでしょう。

また求められるもののレベルが、うちの軟式クラブとは比較になりません。
2塁走者が牽制で刺される場面がありました。
その時の3塁コーチ、次のイニングから交代です。。。

私の目で見る限り、あれはベースコーチに責任の有無を問うのはいかがなものか?
そう思うのですが、そのチームの基準では何かが至らなかったのでしょうか?

また代走に起用された選手が、1球ファールの後に即座に交代・・
つまり代走の代走です。これも珍しい。そして厳しい・・・

熾烈なポジション争い、ベンチ入り争いもこうした部分を勝ち抜かないと叶わない。
それほど選手数が多く、また競争も厳しいのですね。凄い事です。

そんな彼らですから、1球に対する集中力は相当なものでしょう。
うちの軟式クラブ、まだまだ甘いですね・・

他にも色々ありましたが、良いゲームが見れたと思いました^^
全国レベルを生で観戦したゲンジ、一体何を思ったでしょうか?

連日試合が続くので、選手のスタミナも心配ですが、
どのチームも存分に戦ってもらいたい。そしてかにさんチームも
優勝を目指してほしいものです (^_^)

色んな想いを巡らせながら神宮を後にしました。
その後の模様はまた後日に^^



宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」


posted by ドラ夫 at 01:53| Comment(37) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

有休第2弾

8月7日は有休第2弾の日です^^

昨年と同様、ゲンジと一緒にあるところまで出掛けます。

夏休みの思い出作りと勉強を兼ねています。

詳細はまた8日以降のブログで報告しますね^^

お天気も良さそうですし、今から楽しみです。

posted by ドラ夫 at 22:41| Comment(28) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

生きたお手本

強い陽射しが照りつける中、硬式スクールの練習が日曜もありました。

暑さで動きも鈍くなり、気分的にも少しダラけた感じ・・
選手の元気もいつもより低かったです。

しかしそれを払拭させてくれるような出来事がありました。

先日まで高校野球の予選を戦っていた高校3年生の数名が、
チーム練習に遊びにきてくれたのです。

彼らはこのスクールのOB。
中学時代は部活の軟式に籍を置き、引退後にこのスクールに通った。
今のゲンジ達と同じ道を進んできた先輩です。

皆、最後の夏は地元の高校でレギュラーだった子ばかり。
正に生きたお手本の参上。といったところでしょうか^^

早速選手にに交じって練習参加。

やはりというか、当然というか・・ さすがに違いますね〜 
送球のスピード、正確さの次元が違います。

この硬式スクールも、各学校から精鋭が集まっている。
学校の単独チームよりは強いでしょう。

そんな彼らが見劣りしてしまうほど、現役高校生のレベルは高いですね。
とにかくプレーを見ているだけで勉強になります。

これは結構重要なポイントですね。
口で理論を伝えるのも大事ですが、目で実際に見ると理解も早い。

監督・コーチも中年のオジサンですから、ちょっと無理もありますし^_^;

年齢の違いは3つ。体格はゲンジと同じか、むしろ小さいほど。
しかしパワーとスピード、テクニック。全てが違います。

厳しい練習で積み上げてきた成果なんですね。
うちも3年後にはあのようになってくれるものでしょうか?・・

休憩の時に色々と会話も交わしました。
感心したのは私と初対面でありながら、ハキハキとした応対。

言葉遣いも丁寧で、声も大きい。爽やかな印象です。
いまの硬式スクールの選手達、イマイチ元気がないですから、
野球の技術だけでなく、こうしたところも見習ってほしいもの。

思いがけない先輩の登場で、練習もピリッと引き締まりました。
また機会があれば来てくれるとの事。

今度は各高校の情報を、根掘り葉掘り聞いてみたい(^_^)
再会が今から楽しみです。





おかげさまで18年間・75万人の信頼と実績☆

お子さまの【もしも】や【万が一】を幅広く補償

詳しくはコチラ⇒総合保険センターの子ども保険




posted by ドラ夫 at 23:59| Comment(14) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

「夏祭り」より素振り

今日は硬式スクールの練習日でした。

他校の選手達と、ようやく打ち解けた会話が出来るようになった。
慣れてきた証拠でしょうか^^

今日はマシンは使わず、実戦形式の打撃練習がある。
ゲンジですが、軟投派の投手と対戦。
緩急を織り交ぜた投球の前に、敢え無く凡退・・

空振りも多く、この日は快音がありませんでした。
先日のバッセンからそうですが、ややスランプか?

オープンスタンスで構えていますが、左足の踏み込みが無く、
身体が開いた状態でのスイング。上体だけで振っている感じか。

その点を指摘して帰路につきました。
日曜も練習なので、その時には今日の汚名挽回といきたいところ。

土曜は地元の夏祭りが夜からありました。
昨年は災害で中止になりましたから、2年ぶりの夏祭りです。

毎年一家で出掛けるので、今年もそのつもりでしたが・・

ところがゲンジは気乗りしません。
もともと私達夫婦は祭りにはそれほど関心はありません。

子供が行きたがるので、その引率のようなもの^^
ゲンジもこれまでは率先して祭りに参加していたので、
今年もそう思っていただけに、ちょっと意外でしたね。

結局祭りには行かず、夜は自宅で過ごしていました。
ゲンジは何をしていたかというと・・

黙々と素振りに明け暮れていました。
打撃の調子を崩しているのが判るのでしょう。
良い心構えだと思います。私も付き合ってフォームの修正。

もう気持ちが大人に近付いてきたのでしょうか?
祭りで遊ぶのが楽しみだったこれまでと違い、
素振りのほうが彼の優先事項なんですね。

もしスランプで無かったら? 祭りに行っていたかもしれませんが^^
まぁ気分転換も必要なので、本当なら祭りに行けばいいと思うのですがね。

今夜の素振りが報われるよう、日曜の打撃では復活してほしいです。




パソコンを安く買う賢い選択。SOTEC DIRECT


2007年08月02日

気晴らしに出掛けました

8月に入りましたね。
今月は有給休暇の消化月間に決めました^_^;

本日はその1日目。
天気も良かったので、硬球を使ったノックをしようと思いましたが、
あいにく午前中は学校行事でゲンジが登校。

そこで練習は諦めて、午後から少し遠出をする事に。
野球部の仲間2人に声をかけ、隣県のバッセンまで行く事になりました。

そこは以前に行った事があるのですが、他の2人は初めて。
目先を変えるというか、タマには違うところで打つのもいいでしょう^^

夏休みですし、ドライブも兼ねて出掛けました。
途中、ある食品メーカーの工場見学に立ち寄る。
日頃自分達が口にする食品が、どうやって生産されているか?

一種の社会勉強ですね。子供達も興味深く見学してました。
試食コーナーもありまして、パクパクと食べてました(^_^)

満腹になったところでバッセンに向けて出発。
夏休みのせいか、大勢来店してました。
田舎の当地とは違って賑やかです。

残念ながら3人ともバットは湿りがち(>_<)
マシンの癖も若干違いますが、これじゃ困りますねぇ。
環境にすぐ慣れるよう、これも今後の課題でしょうか。

存分に打ち込んで帰路につく。
車中はとても賑やかでした。 お喋りに夢中でしたね!

乗ってから1時間半の間、ずっと騒がしい状態でした^_^;
今時の中学生が、どんな話題で盛り上がるのか?
運転しながら聞いていましたが、結構面白かったですよ。

疲れて居眠りされるより、余程私も楽しかったです^^

たった半日の小さなレジャーでしたが、これも思い出になるかな?
ゲンジも私と2人で出掛けるよりは、このほうが楽しいでしょう。

休暇を取って良かったです。声をかけた2人も喜んでくれました。
また機会があれば誘ってあげたいですね。

有休第2弾は来週の予定。
どこへ行くか? それはまたブログでお伝えします^^







昔懐かしいアナログレコードが今よみがえる。
OTAIRECORDへどうぞ。

posted by ドラ夫 at 23:50| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。