2007年05月30日

無神経なスカタンの発言・・

つい先日、中学3年に進級したばかりですが、
いよいよ部活、クラブ共に最後の大一番を間近に控えてきました。

横浜スタジアムへの道となる、全日本の予選は4月上旬に初戦敗退。
これに次ぐもう一つ上の大会に繋がるクラブの試合と、
部活の中体連が迫ってきました。

私が年頭に掲げた目標、3つの上部大会へ繋がる大会の残り2つです。

5月に入り週末は練習試合と終日練習に明け暮れている。
また部活も朝練に放課後練習。最後の追い込みに入りました。

3年生と一部の2年生がメインとなりますので、1年生は雑用が多くなる。
これはある程度は仕方ないでしょう。どこでも似たようなものだと思います。

1年生の中にも、野球部を選んだ理由は各自で異なる。
心底から野球が好きな子。なんとなく入った子。色々でしょう。

練習や試合の日程はプリントで各家庭に配布してます。
急な変更は連絡網で伝える。配車や塁審の依頼は私の役目。
多くの協力でチーム運営は成り立っている。

この2年間、私なりに多くのスカタン保護者と遭遇してきました。
このブログでも何度か取り上げた事があります。

そして・・ やはり今年もいました。しかもかなり強力な・・
新種のスカタンと言ってもいいかもしれません。

先日顧問と今後の摺り合わせを行うため、私が放課後部活に顔を出した時の事。
ある1年生保護者が顧問と私に噛み付いてきました・・

当地は田舎なので学校管区がかなり広い。
徒歩で通学出来ない生徒も大勢います。ちなみに我が家もそうです。

今の季節は18:30まで部活。その親はクルマで子供のお迎えに来てました。
私達の姿を見るなり、つかつかと歩み寄り・・

『ねぇ先生? なんでこんな時間まで練習させるのぉ?』
『毎日毎日、絶対におかしいですよ! うちの○×ちゃん、いつも疲れて可哀想よぉ・・』


顧問は当たり障りのない返答をしました。
無難でしょう。こういうのはあまり相手にしないほうがいいかもしれない。

ところがこのスカタン、何が気に入らないのか執拗に絡んできます。
そして矛先はついに私に向けられた。

『ねぇドラ夫さん? 週末だけど、せめて半日の練習にならないかしら?』

重要大会が迫っているので、それに向けて選手・指導者が一丸になって取組んでいる。
そうしたニュアンスの事を伝えて理解を求めたが・・

『だってうちの○×ちゃんは試合に出る訳じゃないでしょ?』
『試合に出れる子だけで夕方までやったらぁ?』
『長い時間やっても、それで強くなるものでもないでしょう?』


この時点で私は平静でした。この手の親にはもう慣れている。
別に驚く事でもなく、気持ちにも余裕がありました。
作り笑顔でやんわりと相槌をうっていたのですが、次の言葉には参りました。

『ねぇ? 大人達が好きだからやってるだけでしょ? 子供は誰もそんな事は思ってないよ』
『大人達の自己満足で、子供にまで無理させちゃいけないよぉ。判る??』


全く間違っているとは思わないものの、さすがにここまで言われると・・
確かに選手間に温度差は存在する。それは私も否定しない。
だが反面、強烈に『勝ちたい!』と思っている選手も多い。

どこに基準を合わせるか? チームである以上、試合に勝つのを目標にするのは当然。
だがヌルイ練習で勝ち上がるほど、当地のレベルは低くない。
ならば練習に励むのは自然の流れ。選手・保護者・指導者もそう認識している。

そしてこのスカタンの最後の一撃は・・

『ドラ夫さん? 自分の子供の野球しか生き甲斐がないの? 
ダメだよ。もっと他に楽しみを見つけなきゃ(嘲笑)』


大きなお世話ですよね。ここまでバカにされたのは久しぶりです。
ごく一部ですが、こうした親御さんがおられるのです。

このブログをご覧の皆様には、こうした人はいないでしょうが^^

私は・・
ゲンジの野球に携わるのが一番の生き甲斐です。
笑われても構いません。本当の気持ちですから。

こうしてブログを運営しているのもその表れ。
今は多くの趣味を封印中。己の全てを息子の野球に注いでいる。

社会人としてこれでは失格かもしれない。
でもそれでもいい・・ そう自分では思っています。

ゲンジが立派に成人したら、私も新しい生き甲斐を見つけます。
それまでは・・ 子供の背中を見つめていたいです。

それにしても参りました。まさかここまで言われるとは(~_~;)
これまでのスカタンは、『我が子可愛さ』からくる嫉みがあるのが多かったですが、
今回はチームの取組みそのものに疑問を投げ掛けている。

この点で新種のスカタンかもしれません。

ブログに書いてなんだかスッキリしました(^_^)
気を取り直し、中学軟式の最終章へ突き進みます!!



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。