2007年05月28日

融通の利かない上部団体

昨日と今日は今後の日程のやり繰りに苦労しています・・

中学部活の最大の大会、中体連を目前に控えたこの時期に、
クラブの重要大会が急遽入ってしまった。

当初は6月下旬の予定だったこの大会。
何故今頃になって日程を変更するのか?
全くもって迷惑な話です・・・

部活の大会は『中学校体育連盟』の主催。
一方のクラブは軟連と呼ばれる、『全日本軟式野球連盟』が主催。

この異なる上部団体が、互いに日程の摺り合わせをせず、
個々の都合で予定を組むのが事の発端。

3月上旬に軟連の大まかな日程は決まっていた。
それに伴ってこちらも準備を整えていた。

しかし前述のように急な変更をいとも簡単に突きつけてくる。
このやり方には少々疑問を感じてしまう。

中体連に備えての強化試合を組み、場所の確保や協力の依頼も済ませていた。
だが全て1からやり直し。遠征に出向く予定だったので、
ホームグランドも他の団体に使用権を譲ってしまった直後。

まず練習試合は中止。なにしろ公式戦が入ったのでそれが優先。
土曜に練習試合、日曜が終日練習のつもりが、
日曜に公式戦なので段取りが大幅に狂う。しかも時間が無い。

事前に中体連がこの季節にあるのは、昔から判りきっている事。
それに合わせて動いているのに、わざわざその前週に大会を組むとは・・

大会前日の土曜日は、現在のところ練習場所の確保も出来ていない。
明日には幾つかある企業グランドを当ってみますが・・

連盟の気紛れで振り回されるのは勘弁してもらいたい。
ちなみにこの大会、例年なら4月下旬から5月上旬に行われていた大会。
何故か今年だけ6月になっていた。ここも考えてみればおかしい。

保護者の応援も急な事なのでどうなるか?・・
各家庭で予定は入っているでしょう。
そんな事情もお構い無しの今回の騒動。

選手達は2週続けて大事な大会になってしまった。
両方ともトーナメントなので、最悪は2試合だけで中学の野球も終わる。

流れてしまった練習試合も残念。色々と試したい事もあったので・・
決まってしまった事なので、愚痴を言っても始まりませんが、
なんとなく腑に落ちないですね。

クラブと部活。名前は異なるものの、メンバー構成はほとんど同じ。
統括団体が異なるので、こうした事もある程度は仕方ないと思う。

でも例年は上手く日程の調整が出来ていたのに、今年だけ強行日程。
釈然としませんが、気持ちを切り替えて挑みたいです。

それにしても融通が利かない話ですよね(-_-;)



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。