2007年05月25日

打点と得点

5月23日にエントリーした『最低限の野球ルールは理解しましょう』
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/42707882.html

ユーモラスなご意見を多く頂戴しました^^
子供の頑張る姿を応援するのは楽しいものです。

我が子の活躍とチームの勝利。両方をしっかりと応援したいですね。
何度か観戦していると、ルールは自然に身に付くもの。
また自身で学ぶ姿勢も大事です。

さて我が家の妻も以前はルールが曖昧でしたが、
今では大体は理解している。 (と思いたい・・)

我が子がヒットを打てば喜び、三振すれば凹む。
どこもこれは同じでしょうか^^

妻が一番喜ぶのは、他とはちょっと違うんです。
それはゲンジがホームベースに帰ってきた時。
いわゆる得点ですね。

これを記録すると、妻は手放しで歓喜します。
点が入るので誰でもそれは嬉しいのですが、
ゲンジが得点するとかなり嬉しい様子。

『ゲンジ、今日はホームに帰ってきて良かったね^^』
『ゲンジ、今日は誰もホームに帰してくれなかったね (>_<)』

上のセリフのどちらかを、試合後に必ず口にします。

妻の野球観では、タイムリーヒットを放って打点を記録するより、
自分がホームベースを踏む得点のほうが重きを占めている感じです。

これはこれでいいでしょう。別に悪くはないと思う。
プロのタイトルにも打点王と得点王がある。
しかし打点王のほうが注目は高いですね。

ゲンジが6年生の時ですが、打点王はダントツでゲンジでした。
得点王はゲンジの前を打っていた3番バッターの子。
この子と激しい首位打者争いを演じたのです。

得点王の選手、7割近くの得点はゲンジのバットから生まれました。
それを知った妻が一言 『ズルイ・・(-_-;)』

ちなみにゲンジの得点はその子の半分以下・・
出塁率は6割以上を残しましたから、いかに以降のバッターが不振だったか・・
ゲンジは残塁でチェンジというパターンが多かったのです。

そうした試合を幾度となく見てきたのが原因なのか、
妻はゲンジが得点すると嬉しいのでしょう。

ゲンジは3番の子が出塁してくれたおかげで、打点を稼ぐ事が出来た。
3番の子はゲンジのおかげで多くの得点を踏む事が出来た。

このように打点と得点は、自分だけの力で数を伸ばす事は難しい。
ホームランを打てば地力で打点と得点を伸ばせますが、
これはあまり一般的ではないでしょう。

『返すバッターと帰るランナー』 このパターンが多くあるチームは強いのかも。

私はやはり、タイムリーを打ってくれた時が一番嬉しいです^^



posted by ドラ夫 at 00:09| Comment(20) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。