2007年05月14日

復活の2安打

先週末はローカル大会がありました。

GW中の連戦では不調に喘いでいたゲンジ。
その汚名を晴らせるかどうか? 周囲もその動向が気になっていた。

まずはずっと守り続けている4番の座がどうなるか?
試合前はここに注目が集まる。
私が監督なら、4番から下げたと思います。

他に好調な選手もいますし。

だが発表されたオーダーはいつもと同じ。
信頼と期待の表れか? とにかくこの試合、凡退でも強い当りが欲しいところ。
勿論ヒットなら文句なしですが。

相手投手がマウンドで投球練習。
そこで私はゲンジに暗示をかけました。

『まず三振を恐れるな。そしてあのピッチャーを見てみろ。打ち頃のタマだぞ。大丈夫! 絶対に打てるから!』

初回の攻撃。2死から3番が死球で出塁。
打席はゲンジ。初球ボールで0−1
そして2球目のサインはエンドラン。

投球は外角高め。見逃せばボール球だったかもしれない。
ゲンジは強振! 打球はグングン伸びて、ライト頭上を遥かにオーバー。
3塁打となりました。手首をコネず、上手くバットが出た。

ようやく長いトンネルから抜け出せた。後続が倒れてチェンジ。
ベンチに戻ったゲンジに、皆が『ナイスバッティング!』と祝福。
いきなり大技を決めてくれて、私もホッとしました。

2打席目は先頭バッター。外野はかなり後方に守備位置を下げる。
この打席は小技を出しました。

見逃しのストライクにファールでカウントは2−0
3球目はカーブ。その曲がりっぱなをコンパクトに叩く!
ライナーでセンター前ヒット! 口で表現するのが難しいのですが、
監督曰く、『とても上手く打てたヒット』との事。

この日を見る限り、以前の好調時に戻った感じか。
もう2〜3試合見ないとなんとも言えませんが、明るい兆しのような気がする。

金曜日の放課後部活では、かなり大きな飛距離の当りを放ったとの事。
私にそれを嬉しそうに報告してましたから、気分的にもいい感じで試合に入れた様子。

この大会は時間制なので2打席で終わり。チームは敗戦でした。
この模様はまた後日にします。

初めての長期スランプでしたが、これまでの取組みや姿勢を再確認出来たのは、
逆の意味で収穫だったのかもしれない。

それに練習試合でしたからね。公式戦じゃなくて良かったです。
次の週末はまた練習試合が入っていますが、
今週はテスト週間で部活がお休み。

調整が難しいので、なんとか好調を上手くキープしたい。
まぁ勉強も勿論大事ですが^^

次からは欲を出して、今回のように固め打ちの連続でいってほしい。
下げた打率を元に戻す。これが次の目標です。
そうする事により、チームにも貢献出来る。頑張ってほしいです。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。