2007年05月08日

三振を怖がるな

5月7日のエントリーの続きです。

前シーズンで5つしか三振がなかったゲンジ。
この日だけで3つの三振を喫してしまう・・

これまで1日に2試合でノーヒットは時々あった。
しかし私は三振の数に目が行ってしまった。

帰路の車中でこの点を指摘。自宅に戻り、前年のデータを拾い出す。
そこで私が口走ってしまった言葉は、
『次の試合は三振はダメだぞ! ボールに当てることを意識しろ』

どうも目を切るのが早く感じたし、意識はフェンスオーバーのような感じにも見えた。
振りが大きく、振り回しているような・・

早めに修正が必要だと思い、また次の試合までに3日の時間があったので、
幾つか集中的にメニューを入れた。まずはバントの練習。

ゲンジにバントのサインは滅多に出ませんが、
バントをさせてもそれなりに巧い。
1年生の時はよくバント練習をやりましたが、最近はご無沙汰。

この練習を復活させたのは、目の追い方というか、
ボールの見届け方を確かめるため。

それと正面からスポンジボールを投げてやり、それを打たせる。
スイングの再確認もあるし、芯で捕える意識を持たせる。

そしてスタンドティー。これはコンパクトなスイングを意識。
大振りの兆候を未然に防ぎ、ドアスイングにならないよう注意。
後はバッセンにも行きました。気晴らしを兼ねて。

さて次の試合日、私は改めて『三振はするなよ。』と伝えました。

この日は6打数2安打で三振はゼロ。一応ヒットも出たので、
まずは一安心。でも何かがいつもと違うような・・
しかし私は三振せずに終わった事に安堵してしまい、
スランプがまだ続いている実態に、この日は気付かなかった。

そして翌日も試合でしたが、この日は6打数ノーヒット・・
全く振るわず、まるで別人のような有り様でした。

三振を怖がるがあまり、中途半端なスイングに終始したのです・・

『振りが鈍いなぁ・・』 『バットが出ていかないなぁ・・』
試合中に顧問がボヤいた言葉です。
言われてみると、前日もこんな兆候があった。

また追い込まれると不利だと思ったのか、早いカウントから打ち急ぎの感も。
見ていて確かに振りが鈍い・・ ボールにちょこん と当てにいく感じか。

いつものスイングスピードは影を潜め、ただ当てるだけのバッティング。
どうも思い切りが無く、恐々と打席に入っている。

極めつけは、止めたバットにボールが当りピッチャーゴロ・・
こんな打撃は初めてみました。明らかに迷いがありました。

迷いの元凶は、私の発した言葉なのは明らか・・
最後の4試合、確かに三振はゼロでした。
しかしそれは何の意味も無いものになってしまった。

三振を避けるために、いつもの調子を落としてしまったゲンジ。
律儀な性格なので、私のいいつけを忠実に守ろうとしたのでしょう。

ですから私は自分に腹がたって仕方ありません。
ゲンジに申し訳なく思います。帰宅後、私はゲンジに謝罪しました。

『今日の6−0は俺の責任だ。許してほしい。明日の大会は三振を恐れるな。いつものようにフルスイングでいってくれ!』

選手個人で課題や特徴、またクセの違いもありますので一概には言えませんが、
今回の一件は私の妄言がゲンジの長所を殺してしまった。
という、悪しき一例でしょう。

ヒットを狙って打席に入るのに、消極的姿勢では望めません。
三振を恐れて当てるだけでは、何をやっているか意味が無い。

当てる技術はある程度は備わっている。後はそれを強く叩くだけ。
なのに私は・・ 自分のメンツに拘ったアドバイスしか出来なかった・・
本当に情けないですね。

ゲンジも気持ちがフッ切れたのか、笑顔で私の話を聞いていました。
翌日の大会は雨で中止になりました。ゲンジがスランプから抜けたかどうか?
それは次の土曜日にならないと分かりません。

しかし今度は内容を見てアドバイスをしたいです。
思えば最初の3三振、どれもスイング自体は良かったです。

『三振を怖がるな!』
この気持ちは大事だと思い直しました。



posted by ドラ夫 at 23:32| Comment(34) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。