2007年05月06日

カミナリの発端

1点差負けが2試合続いた翌日。
この日は投手陣のやり繰りが悩みどころでした。

集中的に試合を入れたので、登板間隔が空かない状態。
顧問も最初からそれは承知済み。

主戦級の投手が不在の時、どんな戦いをするのか?
それを見る目的もあったとの事。

この日の1試合目、先発ピッチャーはゲンジでした。
前日に投げた投手は他のポジションに入る。
9人のメンバーは同じ。守る場所が違うだけです。

メンバーは現状ではベストの布陣。
複数のポジションをこなせるのは武器の一つ。
それが上手く機能するかどうか? ここが見どころでした。

結果を先に書きます。ゲンジは被安打5 与四球2の内容でした。
こう書くと別段、それほど悪くない感じがします。
実際よく投げたと思う。久しぶりのマウンドにしては上出来。

しかしスコアは・・ 0対9・・

これは一体どういう事か?・・
そう エラーです。その数なんと7個・・
これ以外にも、記録に残らないミスが多発。

チーム全体でゲームをブチ壊した感じですね。
ピッチャーの足を引っ張りまくっていました。

エラー続出で気持ちが萎縮したのは判りますが、
とにかく声が出ない。ピンチになっても誰もマウンドに駆け寄らない。
タイムをとって集まる事をしない。

皆、下を向いてうつむくだけ・・
本来なら主将のゲンジが自ら声を出すべき。
なのに自分の投球にアップアップの状況・・

また捕手は本来外野の子で気配りが回らない。
内野の副主将は、自らのエラーで気落ち。
前日投げたエースも内野にいましたが、何故かこれも気が回らない。

これが公式戦なら、私も大声で指摘したと思います。
しかしこの日は敢えて無視。選手自身でどう収束させるか?
それをずっと見ていました。しかし終了までそのままの状態。

誰一人、事態の収拾をはかる事が出来なかったのが残念。
この時期にこんな事では困るのですが。

確かに慣れないポジションの子もいた。
だがそこは3年生。長く野球をしてきているので、なんとかしてほしい。

続く2試合目、顧問は大鉈をふるいました。
3年生を6人ベンチに下げ、残りは2年生を先発。
そして下げられた3年生には、試合中は絶えず大声を出し続ける事を指示。

キャッチャーで先発のゲンジにも、私は危機感を煽る言葉をかけた。
『この試合、主将としての役割が出来なかったら?・・ どうなるか判るな?』

この試合も大敗でした。しかし1試合目とは違い、活気はありました。
前回チャンス活かせなかった2年生も、この日は目が違っていた。

相手がフルメンバーなので、力の差は歴然でしたが、
少なくとも『気持ち』の入った試合は出来ました。

試合後の反省会。顧問はやんわりと課題を提供。
その後に私は喝を入れるべく、選手にカミナリを落としました。

技術云々ではなく、気持ちの面で覇気が無いのはどうしても我慢出来ない。
本番はドンドン迫ってくる。今の状態で勝ち抜くのは絶対に無理。

ベンチに下げられた3年生は何を想っただろう?
このまま中学野球にピリオドを打つつもりなのか?
そんな事はないと思いたい。復活させる手解きをするのが自分の役目。

6日の大会でどんな戦いぶりを見せるか?
とても楽しみにしていたのですが、雨天中止になってしまった・・

次週もローカル大会が控えてます。
気を引締め、もう一度好調時にチームを戻したい。
それも十分に可能だと思っている。

それにしても・・ 未だに『声出し』の部分が出来ないなんて・・
世話が焼けるというか、なんというか。。。

気分が善い時は、うるさい位に声を出すんですがね^_^;
気落ちした時こそ、奮い立たせる声が大事なのですが。
早くそれに気付いてほしいです。

いや、気付いてはいると思う。
それを言われなくても実践出来るようになってほしい。



posted by ドラ夫 at 23:59| Comment(24) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。