2007年05月01日

チャンスを活かせず・・

連休期間中は8試合を組みました。
その緒戦ですが、2年生中心で試合に挑みました。

大規模なコンバートを試している主力組の一方、
バックアップ組のモチベーションを上げるため、
敢えて1試合はテスト目的の布陣でトライ。

結果ですが・・ 見るも無残な結末でした。

内野は全て2年生。一部の1年生も交代で起用。
主将のゲンジは外野に入り、外から後輩達を見守る事に。

試合前に顧問から、この試合の目標と個人のテーマを持って取組むように。
という言葉がある。先発選手にはこれらの事を発言させていた。

だが試合が始まると、残念ながら善い所はほとんど見えなかった。

まず声がまるで出てこない。お通夜のような静けさ・・
守備位置もいつも同じ場所で守っている。
ベンチからは敢えて何も言わない。自分達でどこまで出来るか?

バッテリーも2年生組でしたが、四球連発で独り相撲。
バックもエラーばかりでアウトが取れない・・
序盤から大差がついてしまう。

サードに入った子ですが、個人的にかなり期待していました。
前日のノックは私が担当。いい雰囲気で仕上がっていました。
レギュラーのサードは現在スランプの最中。

この日の結果次第では、ポジション奪取の可能性もありました。
しかし・・ 後方のフライを後ずさりしながらバンザイ・・
次はファーストへの悪送球・・ 最後はトンネルで締め括った。

緊張もあったと思います。最初のエラーで目の前が真っ青になったのでしょう。
この選手、しばらく起用からは遠ざかりそうな気配。
期待が大きかっただけに、失った信頼も大きかった。

締まらない試合が続き、相手にも失礼なので、
途中から選手をゴッソリ主力組と入れ替えた。
ようやく試合もサマになり、やはり力の差を痛感する。

試合後にハッキリした事は、この日の先発組では、
公式試合では戦えない。という事。

チャンスを与えられましたが、それを活かす事が誰も出来ませんでした。
中体連もいよいよ来月です。今後は主力組のレベルアップに力が注がれそう。

ただ怪我や不調で全員がベストで挑める保証は無い。
だからこそバックアップ組の飛躍にも期待してしまう。

そんな願いで組んだ試合も、このような結果では・・
顧問も色んな想いが巡っているでしょう。

3日はまた2試合の予定。今度はどんなテーマで挑むのか?
代打や代走で、今回の選手達もまた起用があると思う。

一つ一つのチャンスを着実にモノにして、再度信頼を勝ち取ってほしい。



posted by ドラ夫 at 23:58| Comment(24) | TrackBack(1) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。