2007年04月22日

被安打1の敗戦

週末は全日本の予選でした。
いわゆる『横浜への道』です。

昨年の夏、この全国大会の準決勝をゲンジと観戦しました。
色んな事を想ったり、考えたりしてきました。
そして中学で最後のチャレンジとなる。

全国への道程は遥か遠いですが、一つでも上に行くのが目標。
今月に入り練習試合の結果は順調。
敢えて近隣の強豪と試合を組み、予想外の健闘を見せていた。

監督・コーチ。そして私も確かな手応えを感じていた。

試合前の選手も元気一杯。相手チームを圧倒する声が出ていた。
とても良い雰囲気で試合に臨めました。

試合はとても緊迫した展開となる。
序盤に先制のチャンスが2つほどありました。
しかしサインの見逃しと、アンラッキーなゲッツーでチャンスを潰す。

嫌な流れを再びこちらに引き寄せたのは守備陣の美技。
ファインプレーの連続で投手を助ける。

0対0のまま試合は終盤へ そして悪夢が・・
我がチームのエースは、ここまで許したヒットは1本のみ。
快調に飛ばしてきたのですが・・

先頭に四球を出したのがマズかった。
そして守備もついに乱れが出てしまう。
この回、エラー3つの四死球3。ついに均衡が破れた。

直後の攻撃も簡単に3人で終了。横浜への道は、敢え無く散りました。
終わってみれば『被安打は1』 
1本しかヒットを打たれていないのに負けてしまう。

しかも失点は自滅から。相手に勝利を献上したようなもの。
そしてエースを見殺しにしてしまった。とても悔しい敗戦です。

たった一度の集中の切れ。これが今の実力でしょう。
昨年秋のボロボロ状態から比較すれば、進歩の跡は見られる。
後一歩のところまでは来ている。

部活の中体連。そしてクラブにももう一つ重要大会がある。
その間にローカルの大会もあるので、まずはそこに目標を切り替えます。

負けはしましたが、感じている手応えに変わりはない。
細かい部分の問題だけです。自信は持っていいと思う。

ゲンジはこの試合、攻守に絶好調でした。
その模様はまた後日に。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。