2007年04月06日

ドラ夫コーチの役割

前回の続きです。

2004年3月


思いがけない展開で、チームの現場スタッフの末席に加わる事になった。
主な担当はスコアラー兼コーチ。成績を記録し、定期的にまとめて公表する係。

ユニフォームは支給されたが、背番号な無し。
大会ではスコアラー枠、もしくはチーム代表枠でベンチ入りする事に。

普段の練習日はノッカーやバッピーなどを務める。
現場スタッフなので、練習日には極力出席しなければならない。

だが元々頻繁に手伝いに参加していたから、それは苦にならなかった。
むしろ事務関係の役職に就くよりは楽。そう思っていた。

人によってはこの逆で、「休日の度に練習参加は困る。それなら事務関係の役職を」
というお方も多い。世の中うまく回っているものだ。

これまでスコアは我流で書いてきた部分もあった。
だが正式に書く以上、いい加減にする訳にはいかない。
ネットで調べ、本格的にスコア記入を学ぶ事に。

だがこれまで自分が書いてきた部分と、あまり相違はなく安心する。

選手起用の不満。この声が保護者から出た事は、監督の耳にも入っている。 
またそれがあったからこそ、私が入閣するきっかけにもなった。

言ってみれば、私は現場と保護者のパイプ役。
双方の意見が耳に入る立場。これを活かし、チーム運営に役立てたい。

監督はどうしても、保護者とは一線を引かなければならない立場。
この場合、時として誤解を招く場合もある。

不穏な空気を未然に防ぐ上でも、私の役割は重要。
そう自分でも認識していた。 風通しの善い土台を作りたかった。

そしてもう一つ・・
それは選手のメンタル面を見てあげる事。

子供の目線に立ち、技術面は他のコーチに任せ、
自分は礼儀や姿勢、態度などを細かく指導したい。そう思った。

そしてやる気を出させるような方向へ持っていく。
叱る時は思い切り叱る。その代わり、褒める時も思い切り褒めてあげる。

当時の指導者達、この「褒める」の部分がほとんど出来ていなかった。
だからそこは私の役目と思い、練習中でもどんどん褒めた。

こうして少しづつ、チームの空気が変わっていった。
自分でもそう思っている。

続きは後日




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。