2007年03月29日

コンバートの動き

今年のチーム始動から2ヶ月が経過しました。
走り込み中心の体力作りから始まり、
グランドを使用した実戦形式までこぎつけた。

先週末の練習中、監督より一つの相談を受けました。
それはポジション変更。いわゆるコンバートです。

昨年秋のポジションからすると、かなり大規模な構想です。
例を挙げますと・・

センター→サード サード→セカンド セカンド→ファースト
ファースト→ライト ライト→レフト レフト→センター

コンバートに絡まないのはキャッチャーとショートだけです。
『これだけのコンバートをこの時期に決行するのか・・』
最初に私が思った印象はこれです。

特に不安があるのが センター→サード。
この選手は学童時代も含め、内野の経験が全く無い。
一種のギャンブルに近いかもしれない。

それぞれに監督なりの狙いがあり、ほとんどは私も
『なるほど・・』と頷くものばかり。
幾つかは私がかねてから思っていた事と一致した。

中学生の年代は、体格が急激に成長する頃。
それに伴い、走力や肩の強さも当然進歩する。

ポジションの適正も、これらの要因で変化しても不思議ではない。
また一人の選手が複数のポジションをこなせるのは、
チームとしても選択肢が拡がる。

問題は時間でしょうか?・・・
来月中旬には上部大会に繋がる予選が控えている。
果たしてそれまでに精度を上げる事が出来るのか?

今までの布陣でも善いような気もしますが、
コンバート案には希望も多く存在するような気もする。

決定権は監督にありますので、私達はそれに従うまでですが、
期待と不安が同居しているのが、今の私の心境。

吉と出るか? 凶となるか?。。。。

現状打破を考えるなら、このコンバート案に私は賭けてみたい。
だがコーチ陣の中には慎重論もある。

練習を見て最終決定をするでしょうが、さてどうなるか?



posted by ドラ夫 at 00:47| Comment(22) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。