2007年03月19日

ユニフォームが廃版

4月になれば新1年生の入団が見込まれます。
公式戦には当然ユニフォームが必要になる。

帽子とチームユニフォーム、チームに出入りの業者に発注するのですが、
今年はちょっと厄介な問題が。

これまで採用してきたユニフォーム、メーカーがカタログから落としてしまった。
俗にいう【廃版】です。

現在のユニ、およそ6年前に採用されたとの事。
素材の変更やデザインの見直しからくる廃版らしい。

こうなると新入生のユニは、カタログ上で一番近い品になるのですが、
微妙な色合いやデザインの違いはどうしても出てきてしまう。

まぁチームロゴは継続なので、ほとんど見分けがつかないかもしれない。
実際に現物を見ないとなんとも言えませんが。

一部には『思い切ってユニのデザインを心機一転したら?』
という意見も聞こえてきた。

まぁ今年は既に遅いので、変更するなら来年以降か。
今年で卒団する親としてみれば、変更されると出費なので避けたいのが本音^^

反面、『伝統を重んじるのも大事。変更するにしても、従来の路線を継承すべし。』
との声もチラホラと聞こえた。
単に好みの問題だと思うのですが、どんなものでしょう?

伝統を継承 心機一転  どちらも言い分がある。
我がチームは夏用のメッシュユニもあるんですが、
それもそろそろ同じような問題になるかも?

私もなんだか複雑な気持ちです。
前述のように、無用な出費を避けるなら現行のユニのまま終わりたい。
でも真新しく、カッコいいユニに身をまとった息子も想像してしまう。

そういえば阪神タイガースは今年から黄色が復活ですね。
中日も落合監督が就任してから、ユニをモデルチェンジしました。

高校野球でも、愛知の中京高校が中京大中京と校名変更した時に、
伝統の襟付きユニフォームを捨て去りました。
OBからもかなり反発の声があったようですが・・

ユニフォームの変更、簡単なようで難しいのかもしれません。