2007年03月12日

緩いノックと強いノック

土曜日は快晴のなか練習が出来ました。

ただこの日は指導者の数が不足気味。
偶然、皆に用事が重なってしまった。

メニューはいつものように消化したいので、
大人も体力温存をしないと身体が大変・・

ノックがまさにそうでした。この日はノッカー不足。
まともに打てるのが私だけ。といった状況だった。

班分けでメニューを消化するものの、全員に規定の数を打つのは骨が折れる・・

そこでこの日は【緩いノック】だけを打つ事に。
強く打たない分、体力的に楽かな? と思っただけなんですが^^

いつもは緩急を織り交ぜながら打ちます。
でもこの日は緩いノックのみ。

その代わり、ボールを左右に散らす事を心がけた。
選手に楽をさせてはいけませんからね^^

本格的にグランドを使った練習は、前週が最初。
だから選手の慣れも含め、丁度いい感じだと思いました。

緩いノックだと打球への入り方や追い方、ステップなどがよく観察出来る。
ちょっと意地悪に、届きそうもないところへ転がしても、
選手は必死に追いつこうとして頑張る。

これを見ていて思ったのは、強いノックを連発する練習はどんなものか?
という考えがふと浮かんだ。

他のコーチの中には、強烈な打球ばかりを打ち続ける人もいる。
まるで自己満足のように・・

勿論、これはこれで練習にはなるでしょうが、
選手も腰が引け、中には完全にビビッている子も・・

そんな状態で果たして実になるのか? と思う事もあった。
前述のように私が打つ時は緩急を交ぜます。

試合の時でも、強いヒット性の当りを好捕して、アウトを取るのも確かにいい。
でもボテボテの当りを確実にアウトにするのも大事。

どちらの出現率が高いか? その時の投手の出来にもよりますが、
やはり強い当りはそんなに続かないと思う。

賛否があるでしょうが、鬼のように強い打球ばかりのノック、
それほど重要ではないように思えてしまう。

私が単に甘いだけなのかもしれませんが・・



posted by ドラ夫 at 23:58| Comment(32) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。