2007年02月28日

スパイク選びの悩み(アッパースタイル)

靴のサイズが大きくなってきたゲンジ。

前回エントリーしたトレシューに加え、そろそろスパイクも新調時です。

スパイクを選ぶポイントはかなりあります。

刃の数、ソールの材質、ベロの形状、紐かマジックテープか? などなど・・

いま親子で悩んでいるのは、アッパースタイルの種類を何にするか?

アッパーには代表的な物が4つある。それぞれ利点があるので悩みどころ。
ZETTのホームページに判り易い画像があるので比較してみましょう。


supa.jpg

これはレギュラーカットです。
ごく一般的なタイプですね。


supamido.jpg

こちらはミドルカット
踝の上部分まで履き口部が覆っています。 最近人気があるタイプのようです。


supahai.jpg

これはハイカットです。
足首部が全て覆われている形状ですね。
足首部の保護とホールド性は優れていそうですが、可動域は制限されそう。


supatq.jpg

最近登場したTQカットです。
レギュラーカットの履き口部トップが、2cm程高くなっている形状の事を言う。


どれがいいのか? ちょっと悩んでいます^^
ショップで履く事は出来ますが、プレーをする事は出来ない。

実用性を重視するか? 安全性を重視か?
はたまたデザインを優先するのか? 色んな選択肢がありそう。

ゲンジはキャッチャーがメイン。本塁でのクロスプレーを想定するなら、
ハイカットが安全そう。だが座っているのが長いポジションなので、
足の自由度を優先するならレギュラーカットか?

近いうちに決めますが、さてどんな物になるか?




posted by ドラ夫 at 23:11| Comment(23) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする