2007年02月09日

よもやの逆転負け

前回の続きです。

2003年10月

相手の足音が後ろから迫ってきた。
9対0の楽勝ムードも一転、5点を返されて尚もピンチが続く。

ピッチャー交代も功を奏さず、じわりじわりと点差は肉薄。

こうなると流れは完全に相手ペース。
逆に自軍は尻に火がついた格好。
勢いの差は歴然だ。

この回は6点でなんとかチェンジ。
次の攻撃、監督は代打攻勢をかけた。

もう一度流れを呼び込みたいところ。
打席が廻ったゲンジはセンターフライに倒れるも、
チームは1死満塁のチャンスを掴む。

だがここは最悪の結果・・ 
内野ゴロのホームゲッツーで敢無く無得点。

代打の選手がそのまま守備に入るも、連携が噛み合わずにまたもやピンチ。
ついに逆転を許してしまった。

そのまま試合が進んで最後の攻撃。
だが淡白な攻めで無得点。
試合終了。

9対0から終わってみれば9対10の大逆転負け・・
3チームの総当りなので、2勝が文句なしの通過ライン。

これで我がチームがブロックを勝ち残るのは、完全に他力本願となる。
勝ったチームは続けて2試合目に入った。
我々は外からこの試合を伺う事に。

3チームが全て1勝1敗になり、後は得失点差に勝負をかけるしか道がない。
だがそんな想いも虚しく、1試合目の勝者が2連勝。
ブロック抜けを果たした。

3試合目は1敗同士の戦い。勝っても予選敗退は決まった。
その点では消化試合だが、一矢報いて終わりにしたいところ。

5年生最後の公式戦。この試合、個人的にはかなり感動した試合になりました。

続きは後日。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。