2006年04月24日

外野手用グラブ

Easton Stealth Series SS1275

suterus.jpg

怪我で落ち込んでいるゲンジを元気づけようと思い、
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/16958944.html
外野手用のグラブを購入しました。

画像のグラブ、アメリカ・イーストン社のステルスSS1275です。

チーム事情で6月までの現行チームでは外野での起用が増えそうなゲンジ。
これまではファーストとキャッチャー、ミットを使うポジションがメインでした。

普通のグラブは久保田スラッガーを所有しているのですが、
これは内野手用で大きさは小ぶりな感じ。

別にこのグラブで外野を守っても問題はありませんが、
そうは言ってもやはり外野専用のグラブには魅力もある。

嫌な出来事は買い物で憂さ晴らし。そう思って購入に踏み切りました。

イーストン社というと日本では馴染みが薄いですが、
アメリカでは名が知れ渡ったメーカー。
私は以前より注目していたメーカーです。

今回紹介のグラブ、私がかねてから目星をつけていたもので、
ゲンジにも勧めてみたところ本人も気に入った様子。

当地は田舎のため、このグラブを取り扱っているショップが無く、
高速道路を飛ばして隣県のショップへ出掛けました。

今週は学校が家庭訪問週間で下校が早いのが幸い。
私も仕事を早退し、病院で診察後に2人で行ってきました(^^;

現物を見ると益々気に入ってしまう。
最大の特徴はグラブ背面の素材。ケブラー繊維が使われているのです。

suterusu2.jpg

これは賛否が分かれると思います。
耐久性の問題や、見た目の感じも個人差があるでしょうね。
私達親子はほぼ100%、この品に関してはデザインで決めました。

3年生引退後の新チームでは、このグラブを使って外野に入る事は
まず無いと思います。いわば6月まで使えればそれでOK。
遊び心のある道具も、一つ位有っても良いのでは? と思っています。

グラブの長さは外野手用だけに大型で、12.75インチの大きさです。
ポケットも深く、スラッガーの浅いポケットと比較すると違いがよく判ります。

人とは違うグラブにゲンジも満更では無い様子。
早く怪我を治し、このグラブで守備につけれるよう頑張ってもらいたいです。



posted by ドラ夫 at 23:58| Comment(20) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。