2006年04月23日

すごく落ち込んでいます・・

今週末も練習試合が組まれました。
GW中に行われる公式戦に向けての最終調整。

相手は予選と当らない他地域のチーム。
心おきなくベストメンバーで挑める。

こちらは先週登板を回避したエースが、万を持しての登板。
ゲンジは5番ライトで出場。

この試合、先制点をあげて逃げきりのパターンを掴むも、
最終回に守りのミスから同点に追いつかれて引き分け。
ゲンジもイージーミスが一つ有り、反省が望まれる。

エースの出来は上々で、この調子なら来週も大丈夫だろう。
ゲンジは四球が2個に犠打が一つ。

続く2試合目。2番手ピッチャーとゲンジのバッテリーで挑む。
この2人が計算できれば、トーナメントを抜けるのも見通しが立ちやすい。
だがここで悪夢の光景が・・・

初回の守り、2死2塁の場面でバッターの打球はライト前へ。
ランナーはイチかバチかで本塁へ突入。
『ノーカットー!!』 ゲンジが叫んで送球はライトからダイレクトでホームへ。

だがこの送球が3塁側へ少し逸れた。
身体を伸ばして捕球にいったゲンジとランナーが交錯。
スライディングをしたランナーとゲンジが激突。

ランナーのスパイクがゲンジの左足ふくらはぎに当ってしまう・・

その部分に裂傷を負ってしまった。
自力で立ち上がる事も出来ず、試合続行は無理。
ゲンジはすぐさまスタッフに連れられて病院へ。

私はスコアを付けなければならず、そのままベンチに入っていました。
ゲンジの事は気になるものの、ここは親としての務めより、
チームの仕事を優先しなければならない。

ただ以後の試合経過はよく覚えていません。
記録をつけながらも、頭の中は怪我の事が心配で・・

試合が終わった後、病院から戻ってきましたが、
一目見て来週の公式戦は無理。そう感じました。

裂傷の他に靭帯も少し痛めているとの事。
ゲーム中の事なので不可抗力ですが、ゲンジもすっかり落ち込んでいます。
もちろん私も同じ気持ちです。

残念な事になってしまいました。
目標としていた試合に出場は困難な状況ですが、
チームの一員としての役割は他に有るはず。

この困難を乗り越えてこそ、また一歩大きくなる。そう期待したい。

監督もこれには少なからずショックのようでした。
『得点力が落ちるのは正直痛いが、ここはまず怪我を治すのが最優先』
との言葉を私に頂いた。

これまでの野球生活で最も大きな試練かもしれない。
帰宅時の車中で悔し泣きしているゲンジを見ると、私もどう声をかけたらいいのか?

思いがけないアクシデントに、親子共々落ち込んでいます・・

皆さんの息子さん達も、どうか怪我には十分に気をつけてください。
私も早く立ち直り、息子を励ましていきたいと思っています。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。