2006年04月16日

理想的な試合展開

今週もクラブの練習試合がありました。
これで4週続けて練習試合となり、精度もそれなりに上がってきました。

1試合目は3年生の第4投手をテスト。
受けるキャッチャーはゲンジでした。

このバッテリーでどう試合を組み立てるか?
期待と不安がありましたが、意外にこのピッチャーが好投を見せた。

ヒットはそれなりに打たれたものの、制球が良く四球はゼロ。
ここは高く評価出来ると思う。
やはり投球数が少ないと守りのリズムもいい。

ただ相手はエースが投げており、打線はこの試合も湿りがち。
ゲンジは2ベースを1本打ちましたが後続が凡退。
結果は0対2で敗戦でした。

しかし控え投手の好投は収穫材料。
投手起用の選択も広がり、監督も手応えを感じていた。

続く2試合目は2年生投手と正捕手の組み合わせ。
相手は地域でもそこそこ有名な速球投手。

この試合、理想的な試合運びを見せました。
出塁したランナーを盗塁や送りバントで進め、
スクイズで得点。ツーランスクイズも一つ決めた。

タイムリーも飛び出し、勢いにのった打線もヒットを連発。
また2年生投手もこれまた快投を見せ、被安打3の完封。
予想外の試合展開でした。

サインミスも無く、バントも全て成功。
出塁のチャンスを全てモノにし、こういう展開は監督も嬉しいだろう。

この試合ゲンジはレフトで先発。四球2の結果でした。
今週中には大会の組み合わせが決まります。

この日の相手と対戦する可能性もありますので、
この結果は喜ばしい反面、相手に対策の余地を与えたかもしれない。

まぁうちもエースは温存したので、人の事は言えませんが。

2試合共に得る部分が多かったと思います。
特にピッチャー陣に目星がついたのは大きい。

この分だとエースの負担も少しは緩和されそうです。

来週は公式戦前の最後の練習試合の予定。
連休中に行われる大会に向けた最終チェックの場。
ここでも今週のような試合展開を望みたいものです。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。