2006年04月04日

どうしても欲しい『第2エース』

今シーズンに入り、幾つか練習試合を消化しました。
良い面・悪い面、双方共に少しづつ見えてきました。

今のチームの弱点を考えると、真っ先に浮かぶのは投手陣です。
エースの選手は申し分なく、とても有望な子なのですが、
それに続く2番目のエースが育っていない。

エースが登板する試合は、2点を取れば『勝ち』が計算出来る。
だがエース以外の子が登板となると・・

現状ではとても勝利は計算出来ません。
勝つには打撃戦を制するしか道は無い感じ。

だが中学の野球は、良い投手を相手にすると多くの得点は望めない。
うちのチーム、エースの出来次第。という様相です。

もう一枚、ある程度の見込みがたてる投手がいれば、
戦い方もかなり楽になるのですが・・

エース以外には一応4人の投手がいます。

一番期待がかかるのが新2年生の投手の子。
身長も高く、ストレートの速さはエースの子に匹敵する。
6月以降の新チームでは、この子がエースの座に収まるのですが。

だが制球力がイマイチ。不必要な四球が多く、
モーションも大きい。フィールディングの精度も今一歩。
素材は良い物があるだけに、今後の成長が楽しみ。

新3年生に目を向けると、一人はカーブピッチャーです。
だがストレートの速さが今一つ。コントロールは良いのですが、
カーブとの緩急がどうも活かされない感じか。

もう一人はそこそこストレートが速いのですが、
逆にこちらは変化球が無い。持ち球が一つでは正直苦しい。

こんな感じで、エース以外の子はどれも一長一短があります。

監督・コーチもなんとかしてもう一枚、計算出来る投手を
作り出そうと躍起になっていますが、公式戦までの時間は短く、
どうやらエースの子に頼るしか無さそうです。

1日に1試合ならまだ良いのですが、大会によっては
1日に2試合の時もある。その時の2戦目をどう戦うか?
エースの連投もあるのか? でも連投は出来れば避けたい。

しかしそこの勝ち負けが上部大会進出を左右する場合は?・・

どうしても第2エースが欲しい。
これがうちのチームの泣き所の一つです。



posted by ドラ夫 at 23:59| Comment(21) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。