2006年04月03日

スピードガンで球速測定

2日の日曜日はあいにくの雨。
外での練習は無理なので、体育館での練習となりました。

私見ながら室内での練習となると、選手のモチベーションは若干下がり気味かな? と思う。
どうしても室内だとメニューが限られてしまうので、
必然的に体力作りメニューになりがち。

この辺りで選手の気持ちもダウンなのかな??

でもこの日の練習は、別の意味で盛り上がりました。
それはスピードガンでの球速測定があったからです。

コーチの一人が知り合いのチームから借りてきたとの事。
間近で見るのは私も初めて。選手達もおそらく同じだと思う。

壁に体操用のマットを立て掛けて、一人づつ計測開始。
現金なもので、選手達も興味深々。
ギャアギャアと騒ぎながら賑やかな雰囲気^^

各自10球づつで始めるが、驚きの声や笑い声で盛り上がった。

でも最初は意識して力むのか? 自分なりに思うようなスピードが出ないのか?
こうした計測は意外にプレッシャーになるんですかね?

エースの子の最高速度は115キロ。これはまずまずのスピードでしょうか。
それ以外の選手は100キロが一つの壁。
なかなか100を超えられない。

でも少しづつこの大台をクリアする子も出てきました。

さてゲンジの記録ですが。。。

最初の7球目までは96キロが最高でしたが、ラスト3球は100を突破。
9球目の104キロが最高スピード。

これはチーム内では上級生を含めて5番目の記録。
スピードガンの精度がどれ位なのか? ここが少し疑問ですが、
まぁ一応の目安にはなったと思う。

この測定結果を見て、各選手は何を思っただろう?
とにかく一つの意義があった事は間違いないと思います。

早速ゲンジも目標を立てた。次回の測定では110が目標との事。
球速に拘るのは良い事だと思います。
腕だけではなく、足腰や腹筋・背筋を鍛えないとスピードは出ない。

こうした基礎体力作りも、野球上達には必要な要素。
次回の測定は6月の予定。

それまでに各自がどれだけ記録更新を成し遂げるか?
二ヶ月後が大いに楽しみです。



posted by ドラ夫 at 23:31| Comment(18) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。