2006年03月22日

顧問留任

色んな憶測が流れた、中学野球部の顧問問題。

どうやら来年度も引き続き当校で勤務との事。
これで行くと部活の顧問も、継続は間違いなさそうです。

正直な所、私の気持ちは半々といったところでしょうか。

先日のエントリーで書いたように、2月以降の顧問の練習参加はゼロに近い。
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/14876367.html

4月以降はさすがにそんな事は無いだろうが、
冬の取り組みを丸投げしていたのは事実。
熱意という部分で多少の疑問をどうしても感じてしまう・・

この失った印象を、これからの指導で挽回してくれると良いのですが。

留任で良かったかな? と思える項目は、
現顧問はそれなりの指導力があるという点。

仮に異動となっても、代わりの顧問が野球に精通しているとは限らない。
ズブの素人で、野球を全く知らない教諭が顧問になる事も有り得る訳で、
それを考えると、現顧問が引き続き務めてくれたほうが都合は良い。

だが現顧問のポテンシャルの限界も、こちらは承知している。
逆に言うと、これ以上の上昇は望めない。という事になるのですが。

前回のコメント欄にも書きましたが、うちはクラブチームのほうを優先。
そうかといって、部活を軽視している訳じゃありませんが。

放課後に皆と野球が出来るのが、部活の利点の一つ。
活動する以上、中体連は最大の目標。
部員も気持ちを一つにして、この目標に立ち向かう気迫を出してほしいが、
顧問もそれなりの気持ちで部員に接してもらいたい。

顧問が不在がちでは、士気を上げろと言うのも無理がある。

4月以降の部活、また折りを見て報告させてもらいます。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。