2006年03月13日

2006年最初の試合(後編・鮮烈の左打席デビュー)

昨日のエントリーの続きです。

好投手の前に手も足も出ない我がチーム。
悪天候で5回で打ち切り。その最終回も1アウト。
打順は5番のゲンジ。

ここまでヒットはおろか、一人のランナーも出ていない。
屈辱のパーフェクトゲームを喫するのか?

なんとかしてほしい・・ そう思うのがやっと。
だが現状は厳しい。相手投手の巧み且つ豪快な投球はレベルが違う。

打席に向うゲンジに思わず檄を飛ばした私。
ゲンジは私のほうは見ず、ベンチに戻ってバットを変えた。

83cm・660gのカウンターバランスのバットだ。
このバット、昨年の新チーム結成以降は一度も使っていない。
敢えてそのバットを選んだのは、ゲンジなりに何か策があるのか?

バットの重心がグリップ寄りにあるカウンターバランス。
飛距離は望めないが、振り抜き易さとバットコントロールには勝る。
ちなみにこのバット、直径は60ミリ。かなり細い。

そして次の瞬間、自軍のベンチは驚きの声があがった。
ゲンジは静かに左打席に入った。

ここまで頑なに左打席を拒否してきたゲンジが、
今年最初の試合で早くも封印を解いた。 
「なんとかせい!」 この言葉の答えがこれか?

『おい大丈夫か?・・・』 と監督。心配そうな目つきでこちらを見る。

『大丈夫です。まぁ見てください。そうですよね? ドラ夫さん?』
とヘッドコーチが私に目配せ。

そう。ゲンジの左打ちを強力に推してくれたのは、このヘッドコーチだった。↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/12222492.html

あの時は右打ちへの強烈な拘りがあった。
今でも多分それは同じだろう。ただ状況が違うだけだ。

相手のピッチングはスリークォーターからの多彩な攻め。
ストレートは背中越しから飛んできて、スライダーは外へ逃げる。
そこへブレーキ抜群のカーブが混ざってくるから、右バッターは結構キツイ。

ゲンジもそう思ったのであろう。球筋が見極め易い左を選択した。

相手はそんな事はお構いなし。自信満々で第1球。
球種はカーブ。これは低めに外れてワンボール。
続く2球目はまたしてもカーブ。これを空振り。

3球目はウエスト気味のストレートでボール。
4球目もストレート。低め一杯を見逃しストライク。

『ゲンジよ、スライダーを待っているのか?』 心で呟く私。
そのスライダー、この打席ではまだ投げてこない。
最初の打席も投げてこなかった。何故かゲンジにはスライダーを使わない。

他の選手はこのスライダーに腰が引けていた。
いつか投げてくるか? 裏をかかれたら諦めるしかない。

5球目はストレートをバックネットへファール。
カウントは依然 2エンド2。

そして6球目。投げた瞬間は判らなかったが、後で聞いたらスライダーとの事。
それをゲンジはきっちり捕えた!

ライト前へ痛烈なヒット! 当りが良すぎてあわやライトゴロか?
と思われましたが、ぎりぎりセーフ。
ついに初ヒットが生まれました。

これにはベンチもやんやの歓声。ゲンジも塁上でニッコリ笑顔。
これは相当に珍しい光景。いつもはヒットでもニコリともしないが・・

試合は後が続かず無得点で終了。0対0の引き分けになりました。

帰りのバスではゲンジの左に話題が集中。ヘッドコーチも喜んでいました。
ただゲンジの気持ちは?・・

右で思うように打てなかったのがやはり悔しい様子。
まぁ仕方ない。相手が一枚も二枚も上だっただけ。
世の中は広いという事が判っただけでも、いい勉強になった。

このヒットでゲンジの考えがどう変化するか?
状況によっては今回のようなパターンか、
それとも今回はあくまでも非常手段だったのか?

また本人の気持ちを確かめてみたいと思います。

とにかく色んな意味で収穫のあった試合でした。
不安だった守備も及第点。今月下旬の遠征第2弾も楽しみです。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。