2005年12月27日

バッティングセンターでキャッチャー練習

今月上旬に降った雪が、なかなか消えて無くなりません。
今年は例年に比べて降雪の時期が早く、外でボールを使った練習は早くも困難な状況。
昨年は、今頃まではなんとか大丈夫だったのですが。

ゲンジは毎日、自宅でのトレーニングを積んでいます。
メニューは日によって違いますが、素振りやシャドーピッチング、
後は軽い筋トレや柔軟系の運動など。

バッティングセンターも週に2〜3回を目途に通っています。
今の時期は1回に大体8ゲームほど打ちます。

しかし最近は打つだけではなく、捕球の練習も始めました。
130Kのゲージにキャッチャーミットを持って入るのです。

言わばマシンが投手役でしょうか?^^

実はこの練習、このブログのコメント欄で以前に
たんぽぽパパさんから教わった練習方法です。

前述のように当地は雪でボールが使えません。
打つ事はバッセンで対応出来ますが、それ以外の部分では難しい。

オフでもボールに親しむ意味合いと、キャッチャーの練習を兼ねて
先日よりこの練習を取り入れています。

温暖な地域の方から見れば、勿体ない話に聞こえるでしょうが、
寒冷地には切実な現状があるんですよ(^^;
私も料金が気になります。どうせ使うなら打つほうに回したいです^^

しかしそんな事も言っていられない部分もあります。

ただ捕球するだけでなく、捕球後は盗塁を想定した送球も意識させてます。
ただし今は極寒ですので、思い切りは投げません。
肩を壊す危険性があるので、あくまでも送球はモーションだけです。

捕球も速いボールを捕る練習にはなりそうです。
うちのエースが放る球よりは、バッセンのほうが球速は速いです。
従ってゲンジも気を引き締めて構えています。

打者はいませんから、マスクや防具は付けていません。
毎球、ほぼ同じ所にボールが来ますから、単調といえば単調ですが、
まぁ感覚重視という事で割り切ってます。

難点を言えば、マシンの球はボールの回転が少ない事でしょうか。
人間が投げる球には、なにかしらの回転を伴っているのですが、
マシンの球はそれがあまり感じられませんね。

この練習、外で存分に練習が出来る日が来るまで続けるつもりです。
これをやるからといって、打つ回数は減らしません。
当然出費はかさみます。。。

でも野球にかけるお金なら、私も納得して使ってます^^
posted by ドラ夫 at 22:36| Comment(16) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする