2005年11月22日

トレーニングジャケット

52jake18614-1.jpg



息子の冬の練習ウエアとして、トレーニングジャケットを購入しました。
写真のミズノ・ビクトリーステージの物です。

これと似たようなウエアは以前から着用していたのですが、
身体が大きくなったので、新たに購入となりました。

当地は冬は極寒の為、チームは12月から2月初旬まで活動を休止。
だがその間の週末は自主錬を行いたいと思っている。
雪が降るまではグランドも使えるので、当然練習は外で行いたい。

ところが寒さ対策には神経を遣ってしまう。
準備運動不足は怪我の原因にもなってしまうし、故障の懸念もある。
だが厳しい寒さの為、身体を暖めるのも容易ではない。

また仮に暖めたにしても、保温対策を怠ると折角の身体がまた冷えてしまう。
これらの事を念頭に置いて、今回のウエアの購入となりました。

手に取ってみると、薄くてペラペラな感じの素材。
本当にこんな物で保温が可能なのか? と疑ってしまいたくなる。

だがそこはメーカーも抜かりはない。
これは生地の表面をウレタン加工してあり、通気性をシャットアウト。
これが保温を生み出す要因の一つ。

だが今度はムレの問題も出てくるのですが、腋の下から首周り・袖の素材は
ムレ感を抑える生地なので、全体のバランスはとれている。

保温だけを考えるなら、厚着をすれば解決しますが、
それでは練習に差し支えが生じてしまう。
だがこのウエアなら、軽い着心地で汗を出しやすい。

ユニフォームの上から被るので、キャッチボールや打撃練習にも違和感は無い。

良い事ばかりに思えますが、この商品はお値段が少々高い。。。
1枚が¥6000程しました。
この半額程度の価格の物も有りますが、機能に違いがあるでしょうね。

素材は異なるでしょうが、「野球用」に拘らないなら衣類量販店で
相当安く入手が可能だと思います。 ただ思ったような成果が有るかどうかは不明ですが。

ちなみに妻から値段を聞かれたので、「1,000円だったよ。」と答えましたが、
「1,000円なら安いじゃん」 とすっかり信用しているようです(^^;
見た目はやはり、そんな物に見えるんですかね?

本当の値段を知ったら、きっと怒ると思います・・・
まぁ形に拘るのも楽しみの一つですから、これも仕方がないと割り切ってます^^






posted by ドラ夫 at 23:04| Comment(20) | TrackBack(1) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。