2005年11月21日

差は歴然

先日の土曜日、中学クラブチームと学童少年野球を卒団した6年生の合同練習が行われました。

翌日に大会を控えていた中学と違い、一足早く日程を終了した6年生達。
この日は体験入部を兼ねた合同練習となった。

練習開始時より多くの6年生保護者が見守る中、練習がスタート。

この所の寒さの為、アップは夏場より時間をかけて行う。
事前に練習ペースについて、注意事項を監督から説明を受ける。

6年生は無理をせず、疲れたら休憩を自分の意思でとる。
中学のハイペースな練習メニューには、到底ついてこられないとの配慮です。
翌日が大会の為、それなりの練習をする必要もあったのですが。

アップのメニューにロングダッシュ10本。というのがあります。
170メートルの距離を36秒以内に10本走るのですが、
6年生は2本目で早くもこのタイムが破れない^^

ちなみにインターバルは50秒。中学生はいつもこの距離を走るので、
全員がタイムをクリア。6年生は40秒でOK。という事になるが、
5本目以降はこの40秒も厳しくなる。

そして7本目には全員がリタイア。残り3本を走る事が出来ない。
中学生は当然、全選手が10本共36秒をクリア。

続いて塁間での短距離ダッシュ10本。
だが早くも くたびれモードの6年生。彼らは半分の5本でOKにする。
以降も複数のメニューを消化して、ようやくアップが終了。

だがこの時点で大半の6年生は疲労困憊の様子。

キャッチボールの後にボール回しを行うが、これも6年生諸君は
先輩達の迫力に圧倒されていた。

チームのボール回しの目標タイムは10周で70秒。
捕り易い位置へ速いボールを投げないと、このタイムは困難だが、
塁間が学童時代より長いので、6年生も目を白黒させていました^^

休憩後に打撃練習。投手二人、マシン1台で3ヶ所で行うも、
これまた6年生は快音が飛び出さない・・

マシンの方はともかく、投手の投げる球にはカスルのがやっと。
途中から手加減を加えて、ようやく打てるようになる。

最後はシートノックとなりポジションに入るが、
慣れないB球という事もあり、勝手が違うような雰囲気。

こんな感じで練習終了。6年生には初日からハードな内容だったかもしれない。
今はこんな感じですが、同じメニューをこなすうちに、
段々と慣れてくるのが子供というもの。

思えば今の1年生も、去年は似たようなものでした^^
年齢でいえば1歳か2歳しか違いませんが、
やはりこの1年間の練習メニューの違いでしょうか?

基本的な体力・持久力では差は歴然としていますね。
まぁ当然と言えば当然かもしれません。

彼らはこの日の練習で何を感じたでしょうか?
意気消沈した子、闘志を増幅させた子。様々でしょうが、
そんな彼らも1年後には、きっと凄いパフォーマンスを発揮すると思います。
今の1年生がそうであるように。

来年もまた楽しみです。


posted by ドラ夫 at 23:09| Comment(25) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。