2005年11月15日

ライトゴロ

6月下旬に発足した新チームも、残す大会は後一つ。
チームはここまで、練習試合と公式戦を含めると多くの試合をこなしてきました。

私はスコア担当コーチの為、チーム成績と個人成績を管理しています。
多くのデータが拾い出せるのですが、一つ興味深い項目がありました。
それは
ライトゴロです。

プロ野球や高校野球なら、通常は1・2塁間をゴロで抜けた当りはヒットになる。
ライトがワンバウンドで捕るようなライナー性の当りもクリーンヒットだ。

ところが前述のような当りがライトゴロとなり、
凡退扱いとなるのが意外に多いのが小中学生の野球。

中学の野球だと塁間は大人の野球と同じ。
走力の違いもあるでしょうし、体格的にはまだ子供。
パワーも大人と比べたら非力なのは否定出来ない。

いきおい外野手の守備位置は、プロの定位置より遥かに前。
この辺りがライトゴロを生み出す要因でしょうか。

このライトゴロ、データを見ると特定の選手達に出現率が高い。
逆に言うと、ライトゴロとは無縁の選手も存在します。
それは打順と体格に表れてきます。

クリンアップの選手や、大柄の選手にはライトゴロは極端に少ないです。
これはやはり守備位置の関係でしょうね。

3番〜5番が打席に入れば、相手捕手やベンチは、外野の守備を後ろに下げる事が多い。
下位打線でも立派な体格の選手が出てくると、外野手は自然に後ろへ下がり気味になる。

ところが小柄な選手が打席に立つと、外野手は前へ出て来てしまうんですよね。
小柄ながら器用な選手が、うちのチームには複数いますが、
残念ながら彼らは今シーズン、何本もの「ヒット」 をライトゴロにされしまいました。

『非力な為に引っ張る打ち方が出来ない。』というお方もいます。
確かにそうかもしれません。でもチームとしては2塁にランナーが居る場合、
バッターが右方向へ打球を打ってくれると、とても助かります。

同じ凡退でもランナーが釘付けになるのと、3塁へ進塁させる凡退とでは、
その貢献率は大きく違ってきます。
彼らもそれを承知の上で、敢えてライト方向へ打っている部分もあります。

こうなると記録の取り扱いも難しくなる。
インプットした記録は無機質な表によって示される。
でも数字に現れない「貢献」 もあると思う。

ただこれが正当に評価されるかと言えば、それは難しいかもしれない。
監督・コーチの選手に対する印象もまちまちかもしれないし、
逆に全ての試合の全ての選手の成績を、全部記憶に留めるのは不可能に近い。

ゲンジも『ライトゴロでアウトになる位、悔しい凡退はない』
と言っています。まぁここまで、まだライトゴロはありませんが。

「進塁打」や「貢献率」 といった数値を反映させる管理ソフトもありますが、
やはり選手は「打率」と「安打数」 に拘りを持つものです。

ボテボテの当りが内野安打になり、痛烈な当りがライトゴロになる。
野球の記録というのは悩ましいですね。

右打者の場合ライトゴロを恐れるがあまり、何でも強引に引っ張るような打ち方になると、
打撃スタイルそのものを乱してしまう危険性もある。

このライトゴロ、本当に扱い方が難しいです。


posted by ドラ夫 at 22:57| Comment(26) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。