2005年11月13日

卒団式

今日はクラブチームの卒団式が行われました。

中学ではドラ夫親子も初めての卒団式。
天候にも恵まれて、午前からスタートしました。

まずは「親子交流戦」
選手と父兄が野球で対戦します。

双方共に大所帯なので、選手交代は自由。
一度ベンチに退いても、再び出場出来るルールで行う。

選手達は日頃守らないポジションを体験したりした。
外野の子が内野を守ったり、その逆だったり。
真剣勝負ではないから、こうした試みは面白い。

父兄チームはポジションと打順がなかなか決まらない。
皆が遠慮というか、譲り合いというか・・
ようするに3年生エースの投げる球に、早くも戦意消失状態^^

戦う前からこれでは、決着はついたも同然でしょうか。
正直、中学生の球を打つのは素人では厳しいですね。
相手はそうは言ってもまだ「子供」ですから、手加減せずに全力で向ってきます。

大人は大人で無様な姿を見られたくないですから、誰も率先して打席に入りません。
それでは試合も進まないので、最後は皆が開き直りました!

ドラ夫は6番セカンドで出場。最初の打席がファーストゴロ。
第二打席はサードゴロ。ボールが速くて当てるのに精一杯。。。
三振しないだけマシでした(^^;

途中で女性陣にも試合参加をしてもらう。
母親の打席は下手投げ。ようするにソフトボールのような投げ方で投げてもらう。
三振するお母さんは無く、何人かは外野まで飛ばして喝采を浴びてました!

試合はスコアを書くまでまでもないほど、子供チームの圧勝。
小学生と中学生とは、ホントに能力が違いますね〜
とてもじゃないですが、もう勝てませんね。


和気藹々と交流戦も終わり、午後から場所を移動して卒団式の会場へ。
今年度の成績発表から卒団生への激励の言葉、記念品の授与。

そして会食が始まり、各場で選手を囲んで和やかな談笑が続いた。
監督・父兄も感慨深いものがあるのか、想い出話で盛り上がっていました。

卒団生はほとんどの子が高校でも野球を続ける。
これが一番監督が喜んでいましたね。

先輩達の残してくれた伝統を、今の1・2年生にもしっかりと受け継いでほしい。
来週は1年生大会。今年最後の大会なので、是非勝利で終わりたいものです。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。