2005年11月10日

副キャプテン

前回の続きです。

2003年4月

2月のチーム始動から2ヶ月、監督が正副のキャプテンを指名した。
キャプテンの決め方は、チームによって色々有ると思う。


1.選手同士が話し合って決める。
2.選手が全員投票して決める。
3.監督が指名する。


この時のチームは、3の監督の指名で決まる事になる。

是非の判断は難しく、どれが善い方法かは一概には言えない。
ただこの時は5年生以下のBチームなので、
監督が決めたほうが丸く収まるのかもしれない。

まだ子供なので選手同士の好き嫌いや、キャプテンとしての適正の見極めが、
子供達だけで決めるのが難しいのかもしれない。

そうは言っても大体の予想はつくもの。
ゲンジは副キャプテンを言い渡された。

これはこちらの予想通り。このメンバーの中では入部が一番古いのがゲンジだが
その後に入った同学年の子がキャプテンとなった。
この子は強烈なリーダーシップを発揮する子で、まさに適任と周囲も認めていた。

ゲンジはその子の補佐的役目となる。
ちなみにキャプテンのポジションはキャッチャー。
正副のキャプテンでバッテリーを組む事になる。


他のポジションも、練習で大まかな見当がついたが
いきなり公式戦では不安があるのも事実。
そこで公式戦の前週に練習試合を2試合組む事になった。

この練習試合でチームとしてどれだけ機能するか?
なるべく多くの選手を、色んなポジションで起用して
どれが最適なオーダーか? それを見極める良い機会となる。

投手争いのほうだが、この時点では4年生のC君が主戦を任されそう。
ボールのスピードとマウンド捌きでは、ゲンジより上回っていた。
体格ではゲンジが上回るのだが・・


そして練習試合の当日、ゲンジは2試合目の先発を言い渡される。
1試合目はショートで先発。

記念すべき新チームの初戦。この試合は壮絶な打ち合いとなった。

続きは後日


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。