2005年06月29日

アピールポイント

今日は選手のアピールポイントについて。

多くの選手を預かる指導者にとって、選手起用は色んな意味で頭の痛い問題です。
野球は一度にプレー出来る人数は9人ですが、
9人だけではチームの運営は成り立ちません。

多くの選手の中から誰を選ぶか? どの選手がベストなのか?
選手は選手でスタメンを目指して練習にも力が入ります。
ポジション争い。打順争い。ベンチ入りメンバー争いなど。

こうした競争に勝ち残るのは大変な事でもあり、
逆に目標を達成した時の充実感は相当なものでしょう。自信にもつながります。

しかしそれぞれの競争の過程で、つばぜり合いが激しくなると、
甲乙つけ難い場面に出くわす事があります。

こんな時、指導者が優先するのはその選手の「アピールポイント」です。

一芸に秀でた選手はそれだけでも有利です。
 「足が速い」「肩が強い」 も立派なアピールポイントですが、
「代走なら誰にも負けない!」とか、「守備堅めなら俺が一番!」
と常々言える子はポイントが高いです。

そうした技術の事ばかりでなく、日頃の取り組みも重視します
先日行われた中体連。ベンチ入り登録が出来るのは18人です。
その倍近くの部員から18人を選ぶわけですから、ボーダーラインの選手は複数にのぼります。

技術の差が無い場合、当落の鍵はアピールポイントになります。
例えば「声出し」 その子がベンチにいるだけで、全体が盛り上がるような雰囲気になる。
そうした選手はムードメーカーとして貴重な存在ですから、顧問もその部分で期待します。

もう一つはランナーコーチ。 競技能力は劣っても、戦術眼や判断力の優れた子は
ランナーコーチとしてベンチには不可欠な存在です。これも立派な戦力です。

それと指導者も人の子です。贔屓する訳ではないですが、
「なんとかこの子を使ってあげたいな。」と思わせる子がいます。
練習の準備や後片付けを率先して行う子や、雑用を黙々とこなす子、
練習を休まず態度も真面目な子。

このような選手にはチャンスを与えたくなるのが人情です。
これとは逆に、能力はあっても手抜きをする子。
周りの輪を乱しがちな子。練習をよく休む子。
これらは力量があっても起用からは外され気味になります。

私も昨年は学童野球でコーチを務めましたが、チームのために雑用を率先してやる子には、
監督にも起用を進言しました。

技術を磨くのも大事ですが、普段の行いも見ている人は見ています。
それと何か一つ、技術以外の「アピールポイント」を作ってください。
これが有るか無いか? で結構違うものです。
 


posted by ドラ夫 at 22:34| Comment(12) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。