2005年06月26日

新チーム、無難なスタート

空梅雨の炎天下の中、部活の練習試合が行われた。

3年生引退後の新チームでの初試合。
テストの意味合いもあり2試合行った。

最初の試合。2年生主体のメンバーがスタメン。
息子ゲンジはベンチから。投手戦で回が進む。
4回の守りからゲンジはファーストの守備につく。

最初の打席は痛烈な当たりで投手を強襲!
抜けていればセンター前だったが、投手がグラブで弾き、
ボールが運悪くセカンドの前へ転がる。際どい判定だったが1塁アウト。

守備機会は幾つもあったがノーミスで無難にこなす。
試合は0対2で敗戦。得点は奪えなかったがエースの出来はまずまず。
守備もノーエラーで締まった試合だった。

続く2試合目は5番ファーストでスタメン。

最初の打席は三振に倒れたが、2打席目は芯で捕らえた当たりのセカンドライナー。
3打席目はチャンスの場面での打席だったが、初球にデッドボール。

試合は2対1で勝利。この試合もエラーは無く、
2人の投手の継投で接戦をモノにした。

2試合共に好ゲームで、挟殺など幾つか良いプレーもあり、
最初にしては上出来の試合だった。

選手も多少の自信がついただろう。練習の成果も表れた。
ゲンジも打撃では不運が重なったが、守備では合格点を与えられる。
1年生で内野に入ったのは一人だけだし、5番を任されたのも今後に良い影響だ。

まだ他の選手の台頭も考えられる。今日の結果に満足する事なく、
今後もチーム全体で頑張ってもらいたい。