2005年06月23日

意地の一発

前回の続きです。

2002年8月

一部の父兄から沸き起こった選手起用への不満問題。
一連のゴタゴタから、5年生の一人が退部。
息子ゲンジを始めとする、4年生選手の起用が騒動の発端だった。

現場を預かる指導者側と保護者達の間には、考え方に多少の違いがあるのも仕方ない。
誰でも自分の子を中心に見てしまうのも判る気もするし、
皆の全てが納得するような運営はかなり難しくもある。

だが今回の場合、公平な目で見ても保護者側のわがままな要求が原因だ。
この時の監督は、出来うる限りの選手起用を推進していたお方だ。
チームによっては、出場選手は完全に固定で、控えの子にチャンスを
全く与えない監督もいるだろう。 

こうした状況なら、不満が出るのは当然であり、それなりの行動を起こすのも理解出来る。

しかしこの時のうちの状況はそうではない。
あくまでレギュラーに拘る親の一部の反乱だ。

子供達とは関係のない部分で、こうした問題が出るのは、
なんともやりきれない思いだ。監督もさぞや心を痛めたと思う。
そうした圧力に屈した訳ではないとは思うが、次の試合でゲンジはスタメンを外れる。

ドラ夫はこれまで、ゲンジには練習で上手になって試合で結果を出していれば、
必ずレギュラーは獲れる! と激励しながら個人練習に取り組んできた。
しかし今回は、前試合での大活躍にも関わらずスタメン落ちの憂き目に遭う。

これについて、ゲンジにはどのように説明したらよいのか・・
純粋な子供に大人の世界の話をする訳にも行かない。
当の本人も、自分が何故外れたのか理解出来ていない様子。

試合はトントン拍子に進んだ。4対4で迎えた5回の表。
時間が過ぎていたので最後の攻撃だ。
監督は先頭バッターに代えてゲンジを代打に起用。

「悔しさの鬱憤をこの打席で晴らせ!」 とドラ夫もつぶやく。

初球を叩いた打球は快音と共にライトの頭上を大きく越えた!

余裕のランニングホームラン。まさしく意地の一発だった。
ホームインしたゲンジに監督も喜びを爆発。こんな表情の監督は初めて見る。

「スタメンを決める時、苦渋の選択があった。一際ゲンジのホームランが嬉しかった。」
この言葉は、この時から数ヶ月後に聞いた監督の言葉である。

続きは後日。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。