2005年06月15日

中体連の運営に関わる

先日行われた中体連。その運営の一部に保護者であるドラ夫も関わった。

中学体育連盟の主催だけに、その運営の大半を教員が占める。
部活顧問は言うに及ばず、ほぼ全ての教諭が総動員で運営にあたる。
野球以外にも種目があり、会場もバラバラなので事前準備は不可欠だ。

野球部の試合はクルマで1時間程の遠い場所。
しかも運の悪い事に開会式は朝なのに、試合は午後。
試合までの時間は、近くの割り当てられた場所で練習なのだが、
色んな不都合がわきあがる。

まず審判なのだが、主審は軟式連盟からの派遣審判が務める。
塁審は各中学の教諭が行うとの事だった。こちらの担当は第一試合。
ところがうちの中学で塁審の出来る教諭は顧問しかいない。

顧問が塁審をすると、練習を見る人間がいなくなる。
そこで学校より、クラブチームの保護者会へ協力要請がきた。
開会式後から試合開始までの時間、子供の面倒はクラブチームがみる事に。

練習の指揮もクラブの監督が執り行う。
これでこの件は落ち着いたのだが、今度は別の問題が・・・

試合の時の場内アナウンス、電光掲示板のスコアボード操作、
公式スコアの記入、ボールボーイ、その他。
これらの作業を行うため、1年生部員を各校5名の供出を求められた。

これも顧問の塁審と同じく第一試合の担当。
ところが1年生で完璧なスコア記入を出来る部員がまだいない・・
入学以来、指導はしてきたそうだが、まだ心許ない様子。

2年生のベンチ外選手なら可能だが、それらの選手は練習に帯同させるので、
それも出来ない。困り果てた顧問がドラ夫に協力を依頼してきた。
そこでネット裏の本部席に入り、前述の作業の総指揮を執る事に。

生徒間で役割を決めさせ、ドラ夫は主にスコア関連を重点的に見る。
スコアボードの H・E・Fc の判断もこちらが判断する。

こうして試合は無事に終り、肩の荷がおりる。
競技責任者からも直々にお礼を言われ、なんとか役目は果たした。

大きな大会にこうして携われたのは、よい経験をさせてもらったし、
楽しくもあった。またこうした裏方さん達の尽力で、試合が出来ると言う事を
選手諸君には十分に理解してもらいたいですね。



スコアブック活用術

折角苦労して記入したスコアブックも、活用しなければ勿体無いですよね。
データーの宝庫ですから上手に使いたいです。

まずは成績管理。選手の個人成績の集計をとるのにも、スコアは必要ですね。
最近はフリーのソフトでも成績管理の出来る物があります。
これを利用すれば、数字の打ち込みだけで打率等の記録を自動で計算し、
表やグラフにも反映出来ますのでとても便利です。

チームの試合結果も入力可能ですし、一度使えばハマリますよ^^
ドラ夫もそれらのソフトやサイトで管理してます。


次は戦術・作戦等、分析面での資料。
スコア記入の最も重要な部分はこれではないでしょうか?
人間の記憶もあやふやなものです。余程印象に残るプレーは別として、
初回から最終回までの、敵・味方全てのプレーを記憶し続けるのは無理な話です。

このように、試合を後から振り返るのもスコアは重要です。
ビデオなどで映像に残すのも一つの方法ですが、
ボールカウントやイニングごとの比較等、一目で確認できるのはスコアならではです。

投手の投球数やカウントの傾向、相手ベンチの作戦がスコアを見る事により、
多角的に映し出されます。そこには反省面と参考面、両方が入っていますので、
次の試合や練習に生かす事も出来る訳です。

記入して終り。 ではなく、記入後のミーティングを生かすのも
スコアブックの役目でもあります。

このようにスコアブックは野球を分析する、或いはチーム力アップを図るのには
欠かせない道具と言えるでしょう。

強いチームは裏方さんのバックアップも行き届き、
複数のスコアラーがいる所もあります。なかには「先乗りスコアラー」といって、
次の対戦チームの試合をスコア記入されているチームもあります。

これらの事が出来ているチームは、それなりの運営が出来ているチームですね。
保護者の方の協力や運営がスムースに行なわれているのではないでしょうか?

しかしチームによってはスコアを記録しない所もあるようです。
試合をやってそれで終り。反省もまるで無し。
これでは強いチームを目指すのも無理があります。

もし皆さんのチームがこのようなチームなら、スコア記入を是非お勧めします。
提案してもやり手が無ければ、貴方がやってみれば良いのです。
これだけでも確実に、貴方のチームは変わりますよ^^

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。