2005年06月09日

7打数7安打

前回の続きです。

2002年7月
 
3打席連続本塁打という離れ業をやってのけた息子ゲンジ。
チームも勝利し、これ以上の喜びはない。
 
続く試合は他のチーム同士の為に、一旦ベンチを空けて外に出る。
監督を中心に試合後の反省会。快心のゲーム運びに監督も饒舌。
選手もニコニコしながら聞いている。
 
ゲンジは意外にも冷静な表情。野球ではあまり喜怒哀楽を顔に出さない。
軽く昼食を摂り、次の試合に備える。
ドラ夫は敢えてこの待ち時間に、ゲンジと接触するのを避けた。
良い流れのまま、自然体で2試合目に望ませたいと思ったからだ。
 
後から聞いた話だが、当初の予定ではゲンジの2試合目はベンチスタート。
選手の実力が拮抗しており、交流戦という事もあって4・5年生は
全て起用するつもりだったらしい。
 
ところが3本塁打の選手を外す訳にもいかなくなり、急遽2試合目も
5番センターで先発となった。
 
次の相手も姉妹都市のチームだが、最初のチームとは別チーム。
この試合は乱打戦になった。
 
結果は9対8で勝利。ゲンジの成績は、
1打席目 センターオーバー 2ベース
2打席目 レフト前 シングル
3打席目 センター前 シングル
4打席目 三遊間をゴロで破るシングル
 
2試合合計で 7打数7安打の大当たり!
今までの鬱憤を完全に晴らしてくれた。

この日の活躍で、レギュラー定着の足掛かりを掴んだかに見えたが、
それを確固たる物にするのは、まだ先の事になる。
 
続きは後日。


右打者の右腕の使い方

コメント欄に技術関連の質問を頂戴しました。
小学4年の息子さんをお持ちの 「球ひろい」さんからの質問です。
以下に文面の一部を引用します。
 
 
(引用始め)
「息子のバッティングフォームについて相談があります。
単純に言いますと、スイングの際に右腕(右利きです)が
伸びきった状態になります。
特に、低めの球を打つイメージでスイングすると、
完全に延びています。
腕を伸ばさずに!と言ってるのですが、なかなか直らないのが現状です。
何か良い練習方法があればと思い、相談に来ました。
ご教授よろしくお願いします。」

(引用ここまで)
 
 
いかがでしょうか?
記述がないのですが、おそらく右打者だと思われます。
ですから添え手の扱い方ですね。
 
私の第一感はこれは ドアースイングの事では?と思いました。
 
もしそうなら壁の前に立ち、バット1本がギリギリ入るスペースで素振りをし、
壁にバットが当たらないようにスイングするのが良いと思うのですが・・
 
この件について、広く皆様のアドバイスを頂ければと思います。
いかんせん、ドラ夫は競技経験が無く、いい加減な返答が出来ません。
「球ひろい」さんの悩みに、良いアドバイスをコメント欄に頂ければ幸いです。
 
仕事中に眼を盗んで投稿してます(^^;
用件のみの記事となりましたが、よろしくお願いします。
 
posted by ドラ夫 at 11:34| Comment(16) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。