2005年06月05日

3打席連続ホームラン

前回の続きです。

2002年7月
 
交流試合で5番スタメンの息子ゲンジ。
記念すべき初ヒットを満塁ホームランで飾った。
 
満面の笑みでホームインし、ベンチの皆からモミクチャにされる。
結果論だが、監督の起用が的中した。ドラ夫も他の保護者達から祝福を受ける。
しかし試合はまだ始まったばかり。いつまでも余韻に浸ってはいられない。
 
初回に4点先制したが、その裏に1点を返される。
 
3回、2アウトランナー無しでゲンジの第2打席。
この回2球で2アウト。打席に向かうゲンジに監督は、
「じっくり行け!」 と指示を出す。
 
だが初球・2球目とストライクを見逃し追い込まれた。
言われた事を律儀に守ったのか、この辺りは悩ましいというか難しい・・
 
そして3球目。相手バッテリーは遊ばず一気に決めにきた。
しかしゲンジはそれを完璧に弾き返した!
 
打球は右中間を深く破る。サードコーチはグルグルと手を回した!
滑り込む事なくホームイン。またもやホームランだ!
 
これには皆が度肝を抜かれた。大騒ぎのベンチと応援団。
我が子の予想外の活躍に、ドラ夫も夢を見ている心地。
 
試合は進んで5対2とリードでゲンジの第3打席。
ランナー無しの場面だ。相手ベンチは外野に深めの守備を指示。
 
この打席は初球を叩く! 低い弾道のライナーは深めのセンターの頭上を越えた。
ゴロ足は速く、ボールは転々と奥深くへ。
余裕のホームインで3打席連続ホームラン。
 
その裏の相手の攻撃を1点に抑え、6対3で勝利!
ゲンジの全打点を叩き出す活躍でチームは勝利。
今までの鬱憤を晴らす活躍ぶりにドラ夫も大満足。
 
しかしこれだけでは納まらず、続く2試合目でもゲンジの勢いは続いた。
 
続きは後日。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。