2005年05月24日

球速の慣れ

部活やクラブの練習では、打撃練習の時間はどうしても限られてしまう。
全部の選手が好きなだけ打っていたら、時間は幾らあっても足りない。
だから球数限定の練習になるのも仕方ない。
 
そうした不足を補うのがバッティングセンターだ。
バッティングセンター関連の記事はここでも過去に何度か投稿した。
息子ゲンジも、3日に1日の割合で通わせている。
 
出費もかさむが、ドラ夫もそれは割り切っている。
効果を考えれば安いものだ。妻の目がなければ毎日でも通わせたい。
 
今年の1月からセンター最速の130kを打ち始めたが、今では完璧に叩いている。
普通の時でも8割、調子の良い時は全球を芯で捕らえるようになった。
眼が球速に慣れたのか、それにしても成長が著しい。

 
先日の中学デビュー戦、代打で打席に立ったゲンジだが、
結果は四球。自チームは内野安打1本に抑えられての完封負け。
しかしゲンジは試合後、「勝負してくれたら絶対に打てた。打てない球じゃない。」
と言い切った。ある意味で頼もしい言葉だが、自信の表れでもあるのだろう。
 
実際には試合ともなれば、相手投手も緩急の織り交ぜに加え、
変化球の絡みやコース配分等を考えて投球してくるから、
そうは簡単には打てないし、野球はそんなに甘いものではない。
 
ゲンジもその辺りの事は承知しているが、その上での前述の発言なのだ。
そこにはやはり、「速球」に対する絶対的な自信がある。
速球が得意。という認識があるだけで、打席では自分を優位に立たせている。
それはやはり、バッティングセンターでの効能だ。
 
今では130kのゲージでも、物足りない様子。
本当に130kが出ているか? と言われれば返答に困るが、
センターのオヤジさんの話や、多くの常連客の話を総合すると、
多少の誤差はあるかもしれないが、それに近い速度は出ているらしい。
 
ちなみにドラ夫には速すぎて全く打てない・・・
草野球愛好家の常連客仲間でも、このゲージをトライする人は限られている。

ドラ夫はゲンジの為に、思い切ってセンターのオヤジさんに打ち明けた。
「もう少し速いボールのマシンを導入出来ませんか?」
 
オヤジさんは笑って答えた。
「遠からず、そうした話が来るかな? って思っていたよ(笑)」
 
すぐには難しいが、考えておくとの事。
都会では速い速度のゲージも需要があるだろうが、なにせこちらは田舎なので、
費用対効果も経営者は考えるものだ。
 
ゲンジも打撃ではこれからもまだ、カベにブチ当たる時が来るだろう。
それでも、今持っている自信だけは失ってほしくない。
また、こうした自信を持つ事が出来た息子を、少しだけ頼もしく思えました。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。