2005年05月22日

内野・外野交代練習

曇り空の中、クラブチームの練習があった。
 
練習の区切りの給水タイムに、選手の間で
「内野ノックと外野ノック、どちらがキツイか?」
という話題があがっていた。
 
共通しているのは、全員が自分の担当の方がキツイ。という認識。
つまり内野手は内野のほうがキツイと言い、外野手は外野の方が辛いという考え。
そのうちに子供同士で、内野派と外野派が言い争いにまで発展した。
 
それならばと、コーチがノックの入れ替えを提案。
外野手が内野ノックを受け、内野手は外野へ。
 
 
2ヵ所に別れてノック開始。
外野組は前後左右と飛んでくるフライに対応するため、とにかく走る。
本数が進むにつれ、疲労からだんだんと反応が鈍くなる。
 
一方の内野組は痛烈なゴロを捌くのに苦労気味。
横っ飛びでボールを捕球にいく感覚がないので、すぐに諦めがちに。
加えて1塁への送球もあるから、多くの選手は戸惑い気味。
 
だが5分もすれば、よくしたもので皆がそれなりに適応してきた。
そんな感じでノック終了。
 
結論は、「やはりノックは、内野・外野どちらもキツイ」 
という事で落ち着いた。
 
普段はあまり体験しない練習だから、よい勉強になるだろう。
お互いの苦労が判る善い機会だったかもしれない。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。