2005年05月17日

硬式へ進んだ子

息子ゲンジの学童時代のチームメイトの一人は、硬式チームに入団した。
 
今日はその子と久しぶりに対面する機会があった。
相変わらず元気そうで、ドラ夫も安心。
 
あれこれ積もる話もあり、チームの事などを中心に会話を交わす。
ボールの種類が違うとはいえ、野球の基本動作に変わりはないはず。
練習内容や運営に興味があったので、その子に色々と質問を浴びせた。
 
地元中心の軟式と比べ、硬式は周辺各市から選手が集まる。
当然、高校を視野に入れた子が大半で、学童時代に腕に覚えのある子ばかりで、
競争も厳しく、求められる技術も高い。
 
話を聞くにつれ、色々と興味のある内容に発展し、
なんらかの参考になるかもしれないので、近々そのチームの練習を見学に行く事にした。

息子を硬式に移籍させる事は無いが、練習内容や選手レベル等、
実際に自分の眼で確かめてみたいと思う。
 
posted by ドラ夫 at 22:53| Comment(21) | TrackBack(0) | 軟式と硬式 | 更新情報をチェックする