2005年05月16日

どん底

前回の続きです。

2002年6月
 
塁審参加の名目で、久しぶりに少年野球に関わった。
息子ゲンジも初のセカンドを無難にこなすも、
新加入のメンバーの追い上げが顕著。
 
前年のメンバーから数人がAチームに合流し、代わりに新メンバーが入ったのがこの時のチーム構成。
これでいくとチーム内の勢力図にも変化があるのが当然で、
順調ならゲンジも8番目〜12番目辺りを維持していなければならない。
 
ところが気管支炎による出遅れに加え、個人練習の中止。
更には 新メンバーの意外な追い上げに前述の圏内も危うい状況。
 
こうした状況にドラ夫も焦るが、前年の時のように個人練習を強いる気は無かった。
あくまでも、ゲンジ自身の意識の変化を待つ事に変わりはない。
週末の練習にも顔は出さないので、新選手の実力も測れないし、
とにかく、あまり息子の成績に敏感にはならないよう、意識して努めた。
 
そして次の練習試合の日。
 
塁審予定だった人に急用が出来、ドラ夫にその代役の依頼が舞い込む。
こちらに予定は入っていなかったので快諾し、試合会場へ足を運ぶ。
 
この日は3チーム総当りの練習試合。2試合をこなす予定だ。
最初の試合、ゲンジはスタメンを外れる。ほぼベストメンバーに近い布陣。
途中、数人の選手交代があるが、結局ゲンジはベンチのまま試合を終える。
 
続く2試合目。
今度はメンバーを大幅に入れ替え、新メンバー全員が守備についている。
ところが、ゲンジはまたしてもベンチスタート・・・
 
監督の意図が判らないが、さすがにこの時はショックで、
やり場の無い怒りが込み上げて、それを抑えるのに必死だった。
同時にこの時のゲンジの胸中が気になる。
 
「ゲンジよ、これで燃えなければ男じゃないぞ!」
と心で叫ばずにはいられない。
1つ下の学年の子がスタメンなのだ。しかもそれが一人ではない。

冷静に考えれば、この試合はテストの意味合いが強く、実際に主力選手も
ベンチに退いている。ゲンジが前の試合にスタメンなら、こうした考えも浮かぶだろうが、
2試合続けてのスタメン落ち + 新メンバーのスタメン抜擢(全員)
という状況にでは、冷静になれと言うほうが無理かもしれない。
 
試合は最終回の攻撃で2アウト。ここでこの日初めてゲンジが試合に登場。
代打での起用だ。「ヒットを打って、皆を見返してやれ!」と小さく呟くドラ夫。

ところが結果は空振りの三振・・・
 
こうしてゲンジはチーム内でも危機的状況に追い込まれた。
そしてドラ夫も、地の底から沸き起こる怒りと悔しさに見舞われていた。
 
続きは後日。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。