2005年05月10日

部活指導に参加

週末のクラブチームの終日練習の時、
部活顧問の教諭が2時間程、練習の見学に来られた。
 
その時に言われたのが、「指導陣が多くて良いですね〜」
 
その日は監督・コーチが3人。外部招聘コーチが1人。
ドラ夫を始めとする熱血父兄が3人。という陣容。
 
「部活の時は私1人だからエライ違いですね(笑)」
と顧問がぼやく。
 
「お父さんの方々も、お時間がある時には是非、部活のほうにも足を運んでください。」
と、帰り際に申された。
 
確かに放課後は時間が少ないとはいえ、1人だと眼が行き届かない面もあるだろう。
1年生にまで手が回らないのも頷ける。
 
今月から7月までは中学部活も16:30〜18:30の2時間と長くなる。
ドラ夫も今日は時間の都合がついたので、顧問の言われた言葉を鵜呑みにし、
部活練習に顔を出してきた。
 
17:00に到着し、最後まで付き合う。
クラブとは少しメンバーも異なるが、土台は同じだと思っている。
 
アップと後片付けの時間を差し引けば、実際の練習時間は1時間強。
それだけに効率の良い練習が望まれる。
保護者が1人でも手伝えば、そうした無駄な時間も節約になるだろう。
 
仕事の関係で毎日顔を出すのは無理だが、今後も都合がつけば部活にも足を運びたい。