2005年05月09日

無難に終わった内野デビュー

前回の続きです。

2002年5月
 
Bチームながら主要大会にエントリーした我がチーム。
新監督は内野未経験のゲンジをいきなりセカンドでスタメン起用。
 
塁審として試合に帯同したドラ夫。
セカンドの心得等をゲンジにアドバイスしたいが、
自チームの前の試合に塁審を担当するので、アドバイスの時間がない。
 
それにしても何故セカンドなのか?・・
もともとセカンドの子はショートに。ショートの子がサードへ。
サードの子がセンター。という変更。
 
これならはじめからゲンジが本職のセンターに入れば、ポジションを
動かす必要はないのだが・・・
 
塁審デビューを無難にこなしたドラ夫。
入れ代わりににゲンジが道具を持ってベンチに入ってきた。
 
「盗塁の時、ショートとお前とどちらがベースに入るか確認したか?」
と声をかけた。
 
「うん、一応サインで決めてある。」
とゲンジの返答。
 
これで少しはドラ夫も落ち着いたが、それにしても思い切りのよい采配だ。
 
試合開始。先頭バッターの初球にいきなりセカンドにボールが来る。
ワンバウンドでがっちり捕球しファーストへ。まずは一安心。
以後、この試合は幾つか守備機会があるものの、大きなミスがなく、
セカンドデビューは無難に終わった。
 
ところが・・・
 
サードからセンターにコンバートされた子が全く外野守備が出来ない。
後で聞いた話だが、その子は足も速く、肩も強いので
外野の適性を試すつもりだった模様。
 
こうした関係でゲンジはまた外野へ戻る事になるのだが、
定位地確保にまでは至らない。
それはバッティング状態が・・・
 
この試合も打撃は目を覆いたくなるような状態だった。
 
続きは後日。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。