2005年04月28日

久しぶりの外野

今日は夕方に時間がとれたので、初めて中学の部活を見学に行った。
週末のクラブチームの練習にはいつも顔を出しているが、
部活の野球部はどんな感じなのか?  
 
学校活動なので、親がでしゃばるのも変だと思い、
遠くの目立たない場所から見学する。
 
クラブとは若干メンバーも違うからどんな練習か興味があった。
 
1年生は全員外野に入っていた。
内野への中継プレーに時間をかけている。
ゲンジが外野に入るのは4年生以来だと記憶している。
 
他のブログで時々話題になる「後方フライの捕球」だが、
ゲンジも一発目に見事、目測を誤って捕球出来ない。
内野フライとは感覚が違うのか、久しぶりの外野に戸惑いがあったのかも?
 
しかし2回目以降はまあまあ無難な動き。
 
クラブチームではノックは内野組なので、部活で外野、
自宅練習ではピッチングにキャッチャー練習と、ゲンジもあちこちと忙しい。
 
どこでも順応できるようにしておくのは損はない。
部活の全体練習の感じも、今日の見学で大体掴めた。
クラブと部活の併用だが、今の所は大丈夫みたいですね。

1からのスタート

前回の続きです。

2002年4月
 
新メンバー・新監督で4年生の野球生活が始まった息子ゲンジ
前シーズンの夏以降はそれなりに存在感を示したが、
病によるブランクでの出遅れが気がかり。
加えて個人練習を止めてしまっていたから、技術進歩は停滞か?
 
妻との野球に対する対立から、少年野球から手を引いて一ヶ月半が過ぎた時、
最初の練習試合が組まれた。観戦に行きたいのは山々だが、
手を引いた と宣言したからにはそれも出来ない。
 
そんなドラ夫の心中を察したのか、妻が言った。
「応援に行きたいんでしょ? 行ってこれば?」
 
しかし変な意地を張ってしまい、そうした言葉にも素直になれない。

妻が続けて言う。
「もう意地を張るの止めて。私が悪かったよ。ゴメン・・」
  
こんな感じでしばらく話を続けた。取り敢えずその日は、
ゲンジには見えない遠くの場所から観戦する事になった。
 
その日は2試合の予定。最初の試合はスタメンでレフトを守っていた。
この日はベンチ入り全員を起用する方針なのか、途中でメンバーが
どんどん入れ代わる。
 
入ったばかりの3・4年生も試合に出ていた。これが新監督のやり方なのだろう。
その新メンバーが打席でヒットを打った。
ゲンジは今だノーヒット。1年長く野球をしているが、初安打は早くも先を越される。
 
もう1人の新メンバーもヒット!
 
「このままではマジでヤバイな・・・」
 
強烈な危機感が身体全体に走った。
 
続きは後日。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。