2005年04月23日

指導・育成計画

明日はクラブチームの交流大会。
息子ゲンジも正月明けから入団し、3ヶ月が過ぎた。
明日の大会には出番は無いと思うが、中学最初の公式戦をベンチから体験する。
 
全体練習ではどうしても3年生主体になってしまうが、
それも仕方がない。 
 
そんな中、今日は今後の1年生の指導・育成プランを監督より説明を受けた。
これにはドラ夫も感心してしまう。
 
とかく1年生は雑用主体となりがちで、ロクな練習もさせてもらえないチームも
あると聞く。チーム事情もあるのだろうが、いろんな部分で伸びる時期を
無用の過ごすのは勿体無い。
 
主力の3年生をメインに添えつつも、1年後・2年後を見据えた育成計画は
選手にとっても期待の表れでもあるし、有り難い事だ。
実際、今のチームは打撃やノックも全員が同じ量をこなしている。
 
実戦練習のみ、レギュラー組がメインとなるが、それ以外は基本的には同じだ。
 
息子ゲンジも今はファーストに入っているが、これからは
ピッチャーとキャッチャーの両方をこなせるよう、育成していくとの事。
キャッチャーは全くの未経験だが、なんとか身に付けてほしい。
posted by ドラ夫 at 22:16| Comment(12) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする