2005年04月22日

淋しい週末

前回の続きです。

2002年3月
 
少年野球に対する取り組みに、妻との温度差がハッキリした我が家。
息子ゲンジにポジション奪取を! と意気込むドラ夫と、
その姿勢に疑問を投げかけた、妻との考え方の相違。
 
それに加えて消極的な気持ちのままの息子を見るにつけ、
ドラ夫は少年野球との関わりを絶つ決心をした。
 
この時点でゲンジの気持ちは妻の影響のほうを受けており、
どちらかが折れなければ方針も定まらないので、
ドラ夫が手を引いた形で落ち着いた。
 
ゲンジは結局2月末まで練習は休み、3月初旬から練習に参加した。
気管支炎を患ってから3ヶ月半ぶりの合流になる。
 
野球との関わりは無くなったものの、父親としての責務は放棄していない。
現場に顔を出すのを控えるのと、自宅練習を止めただけで、
ゲンジのチーム内での動向は気にしていたし、話も聞いたりはしていた。

ゲンジが入団してからは、自然と休日の過ごし方も変わっていった。 
前年までは時間の都合がつく限り、極力練習には顔を出していたが、
これからそれが出来ないと思うと、なんとなく複雑な心境・・
 
「もう早起きしないで ゆっくり眠れる」という嬉しさより、
息子不在の週末を迎える淋しさのほうが強かった。
 
こうして小学3年は終りを迎え、翌月からは新体制・新メンバーでの
小学4年の少年野球生活がスタートしました。
 
続きは後日。

変化球を試す・続報

今朝は時折激しい雨に見舞われたが、
昼前から回復したので、
予定通りに夕方は外で個人練習を行う。
 
先日にお話した変化球ですが、カーブのキレ・コントロールが
かなり進歩してきた。ドラ夫が投げるより制球もよい。
フォームもストレートの時と見た目は変わりがないのもグッド。
 
部活やクラブチームの全体練習では、なかなか投球練習は出来ないので、
この半月程の個人練習では、一定の収穫はあったと思う。
 
もう1つの収穫がありました。
それは前回のコメント欄で【ぶったたけ!】さんから教えていただいた
「オリジナル変化球」です。以下に文面を引用します。

 
(引用始め)
人差し指と中指を揃え気味にし
中指 内外をボールの山へ架け変え
親指の位置を変えて、手首を柔らかくし
内倒し気味で腕を良く振って投げれば縦スラっぽい球
外倒し気味で沈んで押し出す用にインコースへ投げればシュートに成ります。

肘&肩に負担が掛からない、ストレートとほぼ同じ投げ方でのカット風:オリジナル小中学生へ向けの変化球です。    
中指の先を意識するのがコツです。
(引用ここまで)
 
 
この「縦スラっぽい球」 をゲンジは会得成功しました。
球を受けていると、確かにクイックな変化をしています。
最初は腕の振り方の部分で悩みましたが、コツを掴んだようで、
今では自在に操っています。
 
また文面にもありますように、「肘&肩に負担が掛からない、ストレートとほぼ同じ投げ方」ですので、
コントロールもつけやすいです。
 
中学の選手、リトルリーグ等の変化球を認められている小学生の方、
試す価値は大いにあると思いますよ。
 
【ぶったたけ!】さん、勝手に紹介させて貰いました(^^;
でも良いアドバイスを頂戴して、息子も武器を1つ手にしました。ありがとうございます。
 
クラブ練習時に首脳陣に披露するのが今から楽しみです^^

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。