2005年04月20日

少年野球から手を引く

前回の続きです。
 
2002年2月
 
「よし判った。嫌な事を無理してやる必要はない。野球が嫌なら辞めろ。
これから退団の話をしてきてやるから。」
 
これは脅しで言った言葉ではなく、ドラ夫の本心でした。
人には向き・不向き があります。不向きであったにしても、
熱意があれば続ける価値はあります。逆に言えば、
向いていても、熱意が無ければ意味がありません。
 
息子ゲンジの態度は明らかに「熱意」がなく、
このままダラダラと続けさせても、本人に苦痛を与えるのでは?
と思い、この時はチームを退団させるつもりでした。
  
「アンタの言う事は極端すぎるんだよ! 私は辞めさせないからね!」
また妻が口をはさみます。
 
妻の言い分をまとめると、
 
1.折角 始めた野球は辞めさせたくない。
2.チーム練習をマジメにやれば、自宅の練習は必要ない。
3.それでゲンジがレギュラーを獲れなくても構わない。
 
これはドラ夫の方針とはかなり隔たりがあります。
3の部分はとても受け入れる事が出来ないものです。
ゲンジはどう思っているのか?
 
本人も辞めるのには抵抗があるようだ。
ただ、今は行きたくないという心境らしい。
ハッキリしない態度で煮え切らない。
 
そこでドラ夫は妻とゲンジに言いました。
 
「判った。それならお前達の勝手にしてくれ。
俺は少年野球から手を引く。練習の手伝いにも行かないし、
勿論、自宅練習もやらない。」
 
続きは後日。

適度な休息

今週は中学が家庭訪問週間なので、
授業は早く終わり、部活も短時間で終わる。
 
昨日・一昨日と自宅練習をみっちりとこなしたが、
今日は生憎の雨模様。
宿題を先に済ませるよう指示をして、
夕方から室内練習をするつもりだったが・・
 
息子ゲンジは自室でスヤスヤと眠りに入っていた。
 
新しい環境に加えて、部活の疲れや人間関係等、
気疲れの部分もあったのでは? と思う。
週末はクラブでハードな練習もこなしているし。
 
今日は休息を兼ねて個人練習は休ませよう。
何時まで寝ているか分からないが、
寝顔を見ると、まだまだ あどけない顔つきの子供だなぁ。
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。